秦から三国時代への史記というのは、壮絶で血が騒ぐのだが、人間の味というものにも迫れるような気がする。

東洋の哲学を考えるときに避けられない。