bike-tourist.air-nifty.com > BOOKs(読書日記)

壇蜜日記3  
池谷裕二 進化しすぎた脳
池谷裕二 自分では気づかない、ココロの盲点
高橋順子 夫・車谷長吉
堀川惠子
中村弦 ロスト・トレイン
中村弦 ロスト・トレイン
中島京子 かたづの! 
又吉直樹 火花
小沢信男 ぼくの東京全集
宮下奈都 ふたつのしるし
絲山秋子 離陸
柴崎友香 春の庭
宮下奈都 静かな雨
又吉直樹 火花
恩田陸 蜂蜜と遠雷
島泰三 ヒト―異端のサルの1億年
島泰三 孫の力―誰もしたことのない観察の記録
島泰三 親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る
石原慎太郎 天才
堀川惠子 裁かれた命 死刑囚から届いた手紙
堀川惠子 原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年
堀川惠子 チンチン電車と女学生
宮下奈都 窓の向こうのガーシュウィン
吉川英治 新書太閤記
姫野カオルコ 昭和の犬
佐藤雅美 知の巨人─荻生徂徠伝
姫野カオルコ 昭和の犬
宮下奈都 神さまたちの遊ぶ庭
茂木健一郎・羽生善治 「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本
宮下奈都 羊と鋼の森
宮下奈都 はじめからその話をすればよかった
宮本輝 田園発 港行き自転車 (下)
井上章一 京都ぎらい
宮本輝 田園発 港行き自転車 (上)
土佐堀川 広岡浅子の生涯
バカボンのママはなぜ美人なのか
免疫力は腸で決まる
高村薫 リヴィエラを撃て (下)
リヴィエラを撃て(上・下)
高村薫 リヴィエラを撃て(上)
山本兼一 花鳥の夢
安部龍太郎 等伯(下巻)
安倍龍太郎 等伯
原民喜全詩集(岩波文庫)
桜木紫乃 ホテルローヤル
宮本輝 水のかたち
高村薫 李歐
新藤凉子詩集
新藤凉子 薔薇ふみ
車谷長吉 赤目四十八滝心中未遂
松永多佳倫 江夏豊 善と悪 江夏豊ラストメッセージ
丸谷才一 横しぐれ
重松清 流星ワゴン
金子兜太 他界
宮本輝 いのちの姿
石川直樹ほか 宮本常一と写真
佐々涼子 紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている
葉室麟 蜩ノ記
堀川惠子 永山則夫 死刑の基準
堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録
金子兜太 語る兜太
田辺 聖子 道頓堀の雨に別れて以来なり―川柳作家・岸本水府とその時代〈上・中・下〉
池井戸潤 下町ロケット
今井むつみ 言葉をおぼえるしくみ
今井むつみ ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)
吉川英治 黒田如水
縄文人は太平洋を渡ったか
宮本輝 慈雨の音
中島京子 小さいおうち
青山七恵 あかりの時間
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観
こっそり、遠藤周作
遠藤周作 海と毒薬
トニー谷、ざんす
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(右)
島尾敏雄 死の棘 帯拡大(左)
島尾敏雄 死の棘
島尾敏雄 死の棘 (ハードカバー帯)
遠藤周作 一・二・三!
遠藤周作 イエスの生涯
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 大変だァ
遠藤周作 ぼくたちの洋行
遠藤周作 深い河
遠藤周作 協奏曲
遠藤周作 留学
遠藤周作 砂の城
遠藤周作 闇のよぶ声
遠藤周作 さらば、夏の光よ
遠藤周作 女の一生 二部サチ子の場合
遠藤周作 ユーモア小説集
遠藤周作 ピエロの歌
遠藤周作 第三ユーモア小説集
遠藤周作 女の一生 一部キクの場合
遠藤周作 白い人・黄色い人
遠藤周作 悲しみの歌
遠藤周作 楽天大将
宮本輝 三十光年の星たち
向田邦子 夜中の薔薇
松本清張 黒い樹海
松本清張 黒い樹海
森見登美彦 恋文の技術
朝吹真理子 きことわ
林芙美子 放浪記
百田尚樹 永遠の0
吉川英治 鳴門秘帖(一)から(三)
福元ひろこ 歩く旅の本
福元ひろこ 歩く旅の本
井上靖 本覚坊遺文
井上靖 本覚坊遺文
池澤夏樹 双頭の船
宮城谷昌光 楚漢名臣列伝
村上龍 55歳からのハローライフ
市川伸一 考えることの科学
宮本輝 三千枚の金貨(上・下)
大岡信 瑞穂の国うた─句歌で味わう十二か月─
広井良典 定常型社会 新しい「豊かさ」の構想
ユーミン
スティーブ・ジョブス 1 2
金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか
金森敦子 関所抜け 江戸の女たちの冒険
金森敦子 きよのさんと歩く大江戸道中記
武田百合子 ことばの食卓
池澤夏樹 カデナ
いしいしんじ プラネタリウムのふたご
川上未映子 ヘヴン
Mac Beginners
島田裕巳 映画は父を殺すためにある - 通過儀礼という見方
山本兼一 利休にたずねよ
井上靖 孔子
池澤夏樹 真昼のプリニウス
(沖田修一)キツツキと雨
大岡信 ひとの最後の言葉
池澤夏樹 真昼のプリニウス から
齋藤孝  座右のゲーテ −壁に突き当たったとき開く本
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あ・うん
向田邦子 あうん/帚木蓬生 閉鎖病棟
向田邦子 男どき女どき
向田邦子 思い出トランプ
向田邦子 父の詫び状
林芙美子 放浪記
恩田陸 ドミノ
斎藤孝 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本
斎藤孝 コメント力
なかにし礼 赤い月(下)
なかにし礼 赤い月(上)
内田百閒 ノラや
武田百合子 富士日記(下)
武田百合子 富士日記(中)
武田百合子 富士日記(上)
赤目四十八瀧心中未遂
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
関野吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
湯浅誠 反貧困―「すべり台社会」からの脱出
角田光代 八日目の蝉
青山七恵 ひとり日和
北壮夫 どくとるマンボウ昆虫記
北壮夫  どくとるマンボウ青春記
北壮夫 どくとるマンボウ航海記
角田光代 空中庭園
朝日新聞社 暗い森
日本放送協会 縄文学への道
司馬遼太郎 梟の城
宮本輝 海辺の扉・下
宮本輝 海辺の扉・上
神奈川大学 17音の青春
宮本輝全短篇下
三浦しをん 風が強く吹いている
宮本輝 錦繍
斎藤孝 読書力
種田山頭火 句集
司馬遼太郎 街道をゆく26
司馬遼太郎 街道をゆく26
種田山頭火 句集から
井上荒野 切羽へ
池澤夏樹 マシアス・ギリの失脚
今井むつみ ことばと思考
車谷長吉 恋文絵
三重県俳句協会 風の一句
福永武彦 死の島
福永武彦 死の島
司馬遼太郎 竜馬がゆく
本多勝一 ニューギニア高地人
本多勝一 ルポルタージュの方法
鎌田慧 ロボット絶望工場
今西錦司 大興安嶺探検
北山修 ピエロの唄
梅棹忠夫 夜はまだあけぬか
種田山頭火 句集から
宮本輝 にぎやかな天地
宮本輝 にぎやかな天地
遠藤周作 わたしが・棄てた・女
遠藤周作と佐藤愛子
遠藤周作文庫
遠藤周作 楽天大将
宮沢賢治詩集
遠藤周作 金と銀 おもて
遠藤周作 金と銀 うら
宮本輝 泥の河
宮本輝 幻の光
遠藤周作 口笛をふく時
司馬遼太郎 坂の上の雲
種田山頭火 句集
坪内稔典 山頭火百句
重松清 疾走
福永武彦 忘却の河
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
宮本輝 森のなかの海
森毅, 安野光雅 数学大明神
星野道夫 ノーザンライツ
星野道夫 風のような物語
星野道夫 旅をする木
遠藤周作 青い小さな葡萄
本多勝一 戦場カメラマン
本多勝一 戦場の村
遠藤周作 灯のうるむ頃
本多勝一 報道カメラマン
宮本常一 忘れられた日本人
福永武彦 忘却の河
窪島誠一郎 無言館
宮本輝全短篇上
月光の東
宮本輝 月光の東
福永武彦 死の島
多田富雄さん
大橋純子 たそがれマイラブ
小田実 何でも見てやろう
時実新子 魔術師たち

<< 前 | トップページ | 次 >>

山本兼一 利休にたずねよ

山本兼一 利休にたずねよ

2012年5月13日 (日)

この作品をわずか21ページしか読んでいないときに、「山本兼一・利休にたずねよ」から、とし断ってブログに次の箇所を引用している。それは物語の一部始終を何も知らない私であり、何が大事で、何が神経を刺してくるのかさえ想像もできない段階であったのだが、引用した箇所を今読み返してみて、この物語の鋭い棘が私を刺していたことがわかる。

懐から袋を取り出した。美しい韓紅花に染めた麻の上布だが、すっかり色褪せてしまった。なかに小さな壺が入っている。掌にすっぽりおさまる緑釉の平たい壺で、胴がやや上目に張っている。香合につかっているが、すがたは瀟洒で、口が小さい。もとは釈迦の骨をいれた舎利器だったかもしれない。全体にまんべんなくかかった緑釉に、深みと鮮やかさがある。よく晴れた夏の朝、海辺に出て濃茶を練ったら、こんな色に見えるだろうか。気の遠くなる歳月をへて銀色に変じた緑釉の景色は、見ているだけで、顔もこころもほころんでくほどやわらかい。緑釉の色味が、唐三彩の緑よりはりかに鮮烈である。おそらく、何百年もむかしの高麗の焼き物であろう。あの女の形見である。(P21から)

山本兼一 利休にたずねよ

作品は、書き出しからフルパワーで掛かってくる。脳震盪を起こすほど激しく刺激的な文章は、決して攻撃的でも呪文のようでもなく、坦々と読者を利休の居る世界に、あるいは時代に、そしてその場所に誘い込んでしまう。とりわけ、湯が滾り、雑音が消え、花入に花が差されて、私を睨みつける一輪がそこにあるのだという凛としたなか、私は本を手にすることができる。

子どものころ、花を生けている母に向かって「僕も華道を習いたい」と言ったことがあった。母はすかさず「男の人なら茶道がふさわしい。そっちが面白い」と返した。あのときの会話がこの小説を読みながら何度も何度も蘇った。私は陶器が好きで、花を生けてあるのを見るのも─あくまでも私なりに、大好きなのだが、人の言葉や振る舞いは心の奥深くで形や色を変えて刺激を与え続けるものなのだろう。

歴史小説であることも意識せずに読み始めた。そしたらこれがなかなか、直木賞のなかでは指折り上位に入れてもいい作品だった。車谷長吉「赤目四十八瀧心中未遂」の読後のときも私は感動することを飛び越してしまって、そう、神経と魂を抜き取られたように腑抜けになってしまった。ああ、直木賞って素晴らしい。でもその言葉だけで表せない「芸術」と「美」がこの作品にはあるのだ。本屋に棚積みした単に売れるだけの小説と区別のできない人は読まないでいただきたい。間違って読んでしまっては詰まらぬ読後感をばら撒くことになりかねない。

あくまでも小説で歴史物語なのだから、そう簡単に歴史は変えられない。変わりますまい。しかし、秀吉でなくても、誰であっても緑釉の棗は欲しい。手に取りたい。私も欲しい。持ってる利休が憎たらしい。もっと、羨んだのはそこまで激しく命を賭けることに美を追求できたということ自体が、なかなか私に真似ができるだろうか。悔しかったのでしょう。

「うたかた 利休」の章の最後で、「利休のこころの闇に、夥しいうたかたがはじけ、饐えた匂いをふりまいた。」と終わり、次の章が「ことしかぎりの 宗恩」となり「─薄情なひと。」と書き出す。

このあたり、いつもなら赤ペンで線を引きまくるところだろうが、この作品はそれを許さない。じっとこちらを見つめる槿の描かれた本を両手で包み込み、女の心というもの、利休の追憶を想像する。

そして私は、そこに栞をそっと挟んだのだった。その理由ですか……「利休にたずねよ」、ということで。

固定リンク