「さりながら、死ぬのはいつも他人」

序章は、マルセル・デュシャンの言葉から始まる。