http://bike-tourist.air-nifty.com/hiroka/2010/03/post-6cd5.html

どくとるマンボウ青春記 北壮夫
どくとるマンボウ青春記 (1968年)

この本を本棚から取り出してパラパラとめくると、やはり漏れなく、茶色く変色していた。
活字も小さい。

驚いたのは、最後のページに私の妻の旧姓の名前と住所と電話番号、1979年11月1日という日付が書いてあったことだ。つまり、この文庫本は、私が結婚する前に彼女が読んだ本だということです。読み返すと私もしっかりと下宿で寝転んで読んだ記憶が残っているので、私たちは同じころに同じ本を読んでいたということになる。

結婚して25年になるけど、読み終えた本のことを話題に話したことは1度もないので、実はそれがすごい驚きだ。はて、私の文庫はどこに行ったんだろう・・・。誰かにあげたのかな。

--

どくとるマンボウ青春記 (1968年)
北 杜夫
中央公論社

現代小説に読みなれてくると、チャタレイ夫人の恋人であれこれと世間を騒がせていたようなことが今やあたり前になってしまっていて、それを時代の変化と呼んでいいものか、美的感覚の退廃と考えるべきか。

文学とはどんなモノで何のためにあるかなどということを論じるつもりはないが、ちょうど谷崎潤一郎を読んだあとに、なるほどこれが文学かと頷きながら、思い上がった現代小説ファンなら、これを文学と呼ぶことを露骨に反対をするかもしれないとさえ思った。

しかし、私は、どくとるマンボウの青春を谷崎の延長路線として文学として読むことをオススメしたい。


青春とは、明るい、華やかな、生気に満ちたものであろうか。 (冒頭)

北壮夫は40歳になる直前にこう書き出した。いつの時代でも青春を謳歌する者たちは必死で無我夢中でなくてはならない。いや、そのほうが、いかにも青春であるらしいからというだけではなく、そんな馬鹿げた時間や無駄な労力や遊び、若者らしい哲学と戦いながら(これを悩むと昔は言ったかも知れないが)、自分の身体の中に刻み込むのだ。

そのおかげで、北壮夫、遠藤周作、阿川弘之の超面白トリオの対談が生まれたのだし、彼らの作品と出会えて、こっちは読書人生まで変わってしまった。

若者たちに、ぜひ、夏目漱石よりも強くオススメしたい。どくとるマンボウ。

昔若かった方々は再読すると必ずその後、足取りが軽くなります。

北壮夫さん。元気で家族と写真に写っている記事を平成21年のお正月に載せた毎日新聞に拍手を送りたい。
--
| 2009-01-24 18:16 | 読書系セレクション |