黄金を抱いて翔べ
高村薫
2017.12.11



できる限り真っ白で読み始めたいのだが、「高村薫の初期作品」と本の紹介で書いているので、読みかかる前に知らないままでは済まない。

「リヴィエラを撃て」や「マークスの山」はこんな作品を上流に持っていたのだと思うとそのこと自体が感動になってくる。

物語よりも、まず若き高村薫がこの作品を創りあげていることの感動である。

まだ若いギャル世代を多少回った程度の年頃にこれほどまでに硬派なドラマをそして冷たい心をさらにオトコの感情をさらりと書いている。そしてそれがテンポも良くて面白い。

映画になっているらしい。映画ファンはさぞかし映画を楽しまれたことだろう。

怒りあり恨みあり、情がありさらにスリルがある。
小説でなければ表せない場面や心情・感情を高村薫のペンは、冷たくサラサラと書いてゆく。

物語の大筋は銀行から金塊を強奪するという話で、そのために緻密に計画を立てて、下見をして、実行する。

人が絡み合う。
心が縺れる。
感情が交差・激突する。

悲しいとか嬉しいとか好きだとか嫌いだとかそういう話でもない。

金塊が盗み取れるか。
段取り通り作業が進むのか。
爆弾は派手に爆破できるか。
金庫はぶち破れるか。
予期せぬトラブルは起きないのか。

一歩間違うと大衆向けのサスペンスでスリルに溢れただけの三流ドラマになりかねない。だがそこにはとどまらずに、読者を惹きつけてしまう力と面白さを備えた文芸的な作品である。

読後に高村薫ファンを二倍以上にしてしまう。
作者を男性だと勘違いさせて素知らぬふりをしている。

まあ、高村薫さんも最近は新聞などに顔を出して論壇にも登場しているし、出版社のPR戦法でも作家の素顔がオモテに出ることから、男性と思っている人は少なくなったと思いますが。

悪役で、裏街道を生きて、ズル賢くて才能があって機知に富んでスマートに行動するようなオトコを書く(描く)のは上手い。

この硬派な筆致が高村薫は難しいと思わせたり男性を想像させたりしたのでしょう。
非常にわかりやすくてスカッとして飽きさせなくて引き込まれてしまうリズムを持っているのに。

読む前に映画があることを知ったときは、あとでDVD作品をレンタル屋に探しに行こうかと考えてのですが、その気はなくなってしまった。

そんなことをするくらいならもう一回読む。
金塊は強奪できたし、爆弾も爆発して、パニックも起きたのだ。
結果を知りながらもう一回読んでも間違いなく面白い。

(2018.1.3)