2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

【雷山無言Ⅱ】余禄

2017年6月 6日 (火曜日)

鞄の中身

一二泊の出張に行けるほどのビジネス鞄を日ごろから持ち歩いていた

もう30年以上は使ってきたこともあって随分と草臥れたし新しいものに持ち替えてはどうだとうちの人が言うのであれこれ考えたすえ小さなショルダーバッグにすることにした

ソフトでカジュアルなものでお弁当箱がようやく入るほどのショルダーバックだ

B4サイズほどでノートパソコンも入るようなビジネス用のバックやリュックをくまなく探し回ったが長考の果てに思わぬカタチに行き着く

さて愈愈中身の引っ越しをするときが来てむかしの鞄の中身を改めてみた

折りたたみの傘、日傘、ポケットティッシュ、名刺、ポケットドライバーセット、調整ドライバ、爪切り、名札、筆箱(USBメモリ、シャープペンシル、万年筆、赤インクのペン、付箋紙、名刺、絆創膏が入っている)、手帖、アドレス帳、印鑑・朱肉、メモ用紙、物差し(20センチの定規)、夜間歩行者用の反射たすき、ルーター、100V用USBアダプタ、各種ケーブル、iPhone、イヤホン、タオル、ハンカチ、 お守り、歯ブラシ、歯磨き、うちわ、孔子(井上靖の文庫)、読書中文庫、クリアケース、水筒、缶コーヒー(冷)

まあいろいろなものを持ち歩いているのだなと我ながら感心をした

困ったことにこれらのすべてが小さなショルダーバックには入りきらないわけで無理矢理入れようとするとパンパンになってファスナーが閉まらんし何が何処にあるのかさえもわからなくなってしまう

あれこれ無いと困るのではないかと思って不安であるから入らないことが気がかりで夜も眠れないし夢に出てきて魘されてしまうところまで追い込まれてゆく

写真日記-6月上旬号

6月になってワイン メンチカツとシャケフライ アスパラご飯 誕生日にショートケーキを 鶏ミンチのハンバーグ

2017年6月 5日 (月曜日)

B面 「雷山無言Ⅱ余禄」をはじめる

雷山無言のカテゴリーにどうしても振り分けたくなる日記ができてしまうがあれはもう一旦終了したのだからと思い直し新カテゴリーを考えることにする

しかしあれこれと思いつくなかから詰まる所「雷山無言」を「そのⅡ」とし「余禄」篇を作ってみた。

長い間書いできた所感にはゴミが多く処分をしたいものが多くあるものの棄ててしまうには名残が惜しいく連想する思い出が出てくることがある

「 断捨離」 という言葉が浮かぶ

この言葉は世の中の人の叶わぬ思いをあたかも歯切れ良く代行しただけのもので実質的で内包した重要な課題はそれほど解決せずにふむふむと思わせるだけのものだとしか思えない

大きな声で最もらしく正義を語る現代の怪しい政治家や評論家や真っ当そうな解説者の発言にも似ていて心酔できないところがある

だからより一層のことこれまでのゴミの所感が引き続いたものを私は棄てられない

🍀

B面でいいのだ

むかしのレコードのように多くの人が目も向けてくれなかった作品でたまにどんな風の吹き回しかB面を聴いてそれを称えてくれる人が現れればそれでいい

そもそも冷めた見方をすれば所詮B面であるしAとBを決めねばならない以上どちらかがB面なのだ

近ごろの風潮として両方ともA面という甘ったれた言い方もあるようだが時代がもたらしている褒めて育てる精神の亜流のような面も感じる

だからわたしの所感はB面なのだ

🍀

肝心の所感には到達できず


写真日記(芒種日記)

カツオ久しぶり(県内産) 悠人のお夕飯

2017年5月20日 (土曜日)

人生なんて 出番など ないままそっと 幕が降りる

人生 あるときに到達すると

何かを遺しておかねばならないと

ふと気づくわけです

しかしながら

たいてい そのときはすでに遅いんです

親は死んでしまっていないし

恩返しもできなくなっている

嗚呼

還暦のお祝いもしなかった

初任給で何も買ってやらなかった

そういえば誕生日も父の日も何も贈り物をしなかった

挙げ句の果てには

いつかは一緒にお酒でも飲もうと願いながら

染み染みと食卓に向かい合いながら

盃を酌み交わしたこともなかった

葬式が終わって一人で酒を飲む

そんな感じだったかもしれんなあ

と今になって振り返るのだ

♠︎

子どもに何か遺そうと思うことも出てくる

けれども

子どもの方からすれば

すでに自立しているわけで

時代も変わっている

旦那さんもいるし

子どももできて

新しいステージが始まっている

子どもからすれば

親の遺すものなんてのは資産であればありがたいが

言葉や小言はそれほどありがたくないのだ

特別に自分が弱っているとか

負けそうになっているとか

悩んでいる真っ最中なら

とうさん・かあさんなら何て言うのだろう

と思うこともあろうけど

そんなことを思う暇もなく

我武者羅に子育てに頑張っているくらいがちょうどいい

♠︎

それでも

その先に

ふっと親を思うことがあるかもしれないけど

そのときはもう二世代ほどあとの人の世紀になっているのだ

人生なんて

出番など

ないままそっと

幕が降りる

◆◇◆

あのときのあの人の言葉でぼくの人生が動いた

そんな言葉があっただろうか考えていた

「キミらに払わせるような安い給料とちゃう」

ぼくたち若い同窓生に檄を飛ばしてくれた

大学同窓会・関西支部の大先輩のあの言葉は衝撃だった

ぼくはまだまだ世間を知らない未熟者だったのだ

次々と並べられる見たこともないようなご馳走を目の当たりにし

あの言葉を聞き

さらに世の中にそんなにお給料をもらっている人がいて

もの凄い仕事を成し遂げている人が先輩にいるのだと知ったときに

ぼくの人生は目標を持ってぼく自身で変えていかねばならないのだと刺激を受けた

♠︎

そこまでは良かったが

あとは失策の連続だった

♠︎

大きな間違いは

高給取りになるために出世をしようと

押し並べてそういう方向で

間違って考えてしまったことだろう

職場で出世をして

お給料が増えることを目標にするのは

一つの小さな目標としてそれでいい

家庭も潤うし生活も充実する

家族は幸せになるのだし申し分はない

しかし

自分に相応の職務を遂行し

組織を発展させて

社会に貢献し

生産性のあることを結実させて

世の中に恩返しをして役に立つことをして

次の世代に道筋を受け継いでゆくこと

というところまでを

きちんと見据えていなかったところに

浅はかさがあったのだった


写真日記(5月中旬号)

積み木が届きました タラを食べる 旬のお刺身 豆ごはん

写真日記(平成29年版)

  • 長芋
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 帽子が編みあがったという知らせ
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う