Days News

  • 伊勢エビ味(11月17日)
    令和の足跡

M's Zoom

  • 113
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

【雷山無言 日々】

2005年5月26日 (木曜日)

空を見上げる(2)

夏休みにおこなう2時間程度の子供向けの講座で、「お天気」と「環境」をテーマにして誰かやってくれないかという話が出た。視線が私に集中したので受け持つことにした。テキストも筋書きもまだ無い。
さて、どんなことを話して子供たちに未来の設計を任せようか。

 

環境は時々刻々と変化している。それ以上に日々の技術進歩は激しいのだから、私たちの住む環境の悪化抑止など簡単なことであるはずなのに、不安は募るばかりだ。
地球温暖化の危機を叫ぶ際のバックデータの時間軸は50年後100年後という単位です。パソコンの技術革新を表現する時間軸は半年後、1年後というもの。人の命は70年、世代は30年、太陽は24時間。環境が変化して人類に影響を与えているのは、400万年前に人類が地球上に姿を現してからの長い歴史のほんの数十年前からの話だ。そこでの影響度合いは指数関数的に増加するものの、自然現象の数字そのものは決して大きいものではなく、人間の生命という時間軸から考えても現代人が未来の環境に無関心で自分の歓びだけを追及する心理的根拠は十分に理解できる。
しかし、それではいけないのだ、と科学技術をバックに立ち上がろうとする人々もいる。ところがこの科学技術ってものがまた麻薬に似たようなもので、思うように私たちの暮らしにプラスとなるわけでもない。もっと人間としてのなすべきことや哲学的な視野からの刺激が甦って欲しい。

 

様々なことを議論し、あらゆることに知恵を巡らせて、環境を守ろうと立ち上がる人々が少しずつ増えている。知識人が全世界で環境を叫ぶのであるが、個人のエゴや国家の利益に偏った思惑がチカラを持っていることに、まだまだ無力を感じるときもある。そんな理屈を幾つも並べ立てて、自動車の排出ガスが大気を汚染することや二酸化炭素などが温室効果を生むこと、エネルギーの無駄使いを抑止すること、リサイクルのことを話して、果たしてどれだけの人々の気持ちが動くのだろうか。(いえいえ、効果は大きいのですが)

 

 

先日、空を見上げる話を書いたら、予想以上にたくさんのコメントを戴いた。人はひとりになって、例えば深夜に日記をつけるときに、その日に見上げた空の色を思い出すのだろう。仕事を終えて家路を急ぐときに真っ赤な夕焼けが見えたら思わず立ち止まってしまうのだろう。事実、昔、ある夏の夕暮れに西武池袋線・江古田駅で、連絡通路に上がる階段がやけに混雑しており人を掻き分け昇ってみたら奥武蔵の方角に沈まんとする真っ赤な太陽を我も見ようとして立ち止まる人が溢れていた…ということがありました。

 

自然を大事にしなくてはならないなんて当然だが、タイムマシンに乗って石器時代の生活に逆戻りはできないのだから、大気汚染や環境変化の理屈を話ながらも地団駄が続く。

 

美しい空を、子供のときに眺めたことがあったからこそ真っ赤な夕焼けに感動できる。あのときにホンモノと出会えたことで、その後の変化に気づくことができる。つまりその「気づき」がすべての始まりであり基本なのだ。
そういうモノに心を動かすだけの純粋さや熱情、子供心を失くさないで…と、自然を見つめる心を育てる教育とはどんなものだ…という方向へと想いは脱線してゆく。どうしたら、もっともっとホンモノを伝えられるのか。

 

2005年5月18日 (水曜日)

空を見上げる

どうして人は空を見上げるのだろう。

 

この空を飛べたら・・・どこかに飛んでいってしまえるかもしれない、そこには悲しみなどなく、幸せが溢れているのだろうか。空を飛ぼうなんてそんな悲しい話を夢見ても、誰も幸せを運んできてくれない。

 

でもね、ちょっと。自由に空を飛べる夢を見るのは、私も自由になりたいよっていう想いの表れなんだから、せめて夢だけでも見せてよ。そう思うことも確かにある。

 

空を見上げる。雲を見る。雲が流れるのを眺める。
茜の空を見上げる。いつまでもいつまでも見てる。

 

---

 

空を見上げるのが私の1日の仕事の始まりです。

 

空が晴れ渡っていて、上層の空気が淀んでいる日、そう、四日市市の石油コンビナートの煙がなびかない日。海から緩やかな風が吹く日、今日も暑くなるなーっていう日。
そういう日は忙しくなることが多い。

 

http://www.eco.pref.mie.jp/data-syu/data-sokuhou/index.htm
に光化学スモッグや大気汚染のことを書いてます。(MENU参照)

 

こんなことを考えながら、PCを眺める日々を送っています。各地で計測した大気の状況を表す幾つも並んだ数字群が手元のPCに逐次送られてきて、綺麗な青空の清清しい日にはこのPCの画面が色鮮やかな警告色と変わってゆく。(「毎時速報値」って箇所の詳細がみえるんです)

 

----

 

いつか自由に空を飛べるようになるのならば、自分が飛び立つ空くらいは、綺麗なままにしておこうじゃないか。
それは空だけじゃなくて地球にもいえるのですが、ね。

 

【塵埃秘帖 五月中旬号】

2005年1月 4日 (火曜日)

御用始

御用始のきょう、何故家に居るのかって?
わたしが、甘えっ子だからでしょうかね。
よもやまな事情もありまする。

 

----

 

うちのんが実家に帰ってしまったので三が日は一人暮らしをすることになった。過去にも幾度もあり決して珍しいことではないものの、昔と違う所は、私が料理をしなくなったことだろうか。

 

酒肴は自分の手で…という名目で台所に立ち、せっせと料理を作る休日とは違って、ひとりになってしまうと、てんで弱りきった病人のように変わり果ててしまった(苦笑)。冷蔵庫の残り物の肉や野菜をかき集め雑煮を作ってみる。それを喰いながらうちのんに「冷蔵庫に古くて傷んだ野菜や購入日不明のお肉があるぞ!」とメールを入れている。少し齧ってみて喰えそうだと判断したら鍋に放り込む。パリパリに乾ききった冷ご飯を温め、実家に行って貰ってきたおせちをつつく。三日続けてへんてこな料理を食べたら少し飽きてきたなあ。
(注:私の実家は雲出川右岸中域ですが、おふくろとあまりウマが合わないためお互いが居心地悪く、実家に行っても2,3時間でそそくさと帰ってきます。元日に少し顔を出して泊まらずに帰ってきました。)

 

 

御用始のきょう、何故家に居るのかって?
わたしが、甘えっ子だからでしょうかね。そんな理由など深くも考えなかったのですけど
夫婦の不思議 を読んでいて、色々なことが思い浮かんできて、私は甘えっ子だと改めて思うのですわ。何やら新婚さんのような甘い呟きにも思えてくるブログの一部を引用すると
 |お互いが足りないところを補い合って、家庭がうまくいくように、 なっているのだと、おっしゃいます。我が家でもそうなのかなと考えると、私の足りない所はうちのんも足りないな。(ガクッ)
台所や部屋の掃除を年末になっても一切しなかったら、普通は旦那がし始めるのだろうケド、旦那さん(私)は自室でグウタラしてましたからね。

 

 |相手を尊敬も尊重もしているんだけれど、同じ時間や空間を共有し続けると、辛くなってくるんだわあ。 お互いが空気みたいでありながらも、もう一緒に暮らすのは嫌だと役所への届け(離婚届とも言う)を何度持ってこられたことか。代わりに娘に書かせるぞ、と脅されたこともあるくらい。いえいえ、でもね、仲が悪いわけではなく、どんなに烈しくやっても---我が家ではバケツで水の掛け合いや茶碗の放り投げあいもやったことがあります。大事な皿が割れて、どうでもいいのは割れないという法則を確認できたのですが---寝るときは一緒に寝るし、湯冷めした自分たちの身体を温めるために娘と母が、布団の中で温まってまどろんでいる私を奪い合い、私の体温を盗み取って行くのです。

 

だから、3日も居ないとそりゃあ平和で静かな夜を過ごしました。

 

実家から帰ってくる日を4日と決めたときにうちのんが私に言いました。
「4日は仕事でしょ、休むの?」
「なんでわかるの?」
「そんなん、当たり前やん、4日のお弁当誰が作るの? 愛妻弁当なしで仕事になるの?」

 

12月のある日にそんな会話があったことは何処の誰もが知る由もないが、我が家では自明のことでして、御用始のきょう、仕事を非番にするように計らってあるのでした。

 

京都からの電車を迎えに行く時刻を問い合わせるメールを出す際に
「お正月、雑煮ばっかし食っていたので、あっさりしたモノが食いたいなー」
と書き添えておきました。まもなく
「じゃあ、今夜は焼肉にしょうか」
と返事が来ることでしょう。

 

 

 

2004年12月16日 (木曜日)

銀マド>3年目の冬 年末篇

おはよう。

 

久々に塵埃秘帖を書きましたが、書いていて面白みがないなあと感じる。
天性・ジョークの塊と自称している私が、深夜の自画像を描くような暗さでいては、イケナイ、イケナイ。
明るい話題が少なくなったのか、自分の行動が活性化されていないからなのか。

 

最近のヒット。
(職場のミキさんという子がジャージを着ていたので)
私 :あら、それ、ジャージやね?
ミキ:そうよ
私 :なんやー、きょうは、ゆうべ寝てたままで来たの?
ミキ:違うぅー

 

しょぼかったなー。オヤジ・ジョーク。反省モード。

 

今、再びジャージが流行だそうですが、私が学生の頃はジャージと言えばパジャマであり普段着であったのです。1週間も2週間も洗濯をしないのはさほど恥でもなく、洗濯カゴに入れてある汚れ物を洗わず日光干して、再び着たりしていた。

 

---
さて、
邂逅の森は、少しずつ読み進んでいる。
こんなモノ書いてないで、もう少しを読みいこうかな。
(仕事探せよという自戒もある)

 

------------------------

 

穏やかで静かな年の瀬を迎えている。気候に大きな変化がないというだけではなく身の回りにもこれといって凸凹もない。いわゆる平和な状態なのだ。しかし、私にとってはいよいよ3年目の冬である。
いったいアナタは何をしたいの?何になりたいのよ? そう親友に詰め寄られることもあれば、日常の飲む席でも同じように問われる。
うちのんは私のことを諦めているのか知り尽くしているのか、「言うても無駄やろうけど」と前置きをしながら、「あと10年余りは何処か安心できる所で働いて欲しい」と言う。「だいたいが怠け者なんと違ゃぅの、世間はそんなに甘ぅない、それに甘えたらアカン」と手厳しい。「家族がなければ悠々自適なもんやし、社会的にもよろしおすなあ、で済むけどな、そうもいかんのが現実や」と言う。

 

霞を食って生きてゆけるものでもあるまい。しかし、天性のわがままはそう簡単に治癒できず、あれは嫌やこれも嫌やと小言を吐きながら、他人様の半分以下のお給料でもノホホンと生きている道を選んでいる。お給料もサラリーマン時代の3割以下(7割減)の低空飛行である。ある一瞬を見てみれば安定して見えるから上昇気流に乗れずにいる。イカンイカン、コンナコトデハ。

 

しかし、3年間でいろいろと勉強になりました。残念ながら人間の醜いところやいい加減な面に出会ったことのほうが多かったけど、こういうふうに低空飛行に入ったことで出会た人や知りあえた環境もあったので、このご時世のことだし、生き延びられたのだからヨシとしたいと思っている。

 

しかし(その2)・・・そう、なかなか書き出せないでいるのだ。5年は掛かると言って会社から逃げ出す口実にした翻訳業はどうするのよ。売上高ゼロ(つまり実績ゼロ)、技術向上指数はマイナスなんだから、思い切って低空飛行をやめて地上から獲物を見たほうがいいんじゃないの?ってうちのんは思っているに違いない。

 

1週間に60枚の仕事の引き合いを知らせてもらった今年の夏、週の半分だけ仕事があるので出来ませんと返事をした。あの時は仕方がないか…と諦めたが、すべてを置き去りにしてそちらに挑む勇気がなかった。私のチカラでは1時間に1枚、1日10枚程度。入試の試験問題に食らいつくようなような血相で挑み続けてもこの速さだろうと冷静に分析しているので、別に仕事を持っていればやはり1週間に30枚が限界なのだ。だが、そんな言い訳を並べても仕方がないし、後悔が募るばかりろうって。

 

スズメはどうして電線から落ちないのですか? 答えは簡単で、落ちそうになったら飛べばいいから。それは私の哲学のひとつでもあるのだが、今の私は落ちそうになったら羽ばたける翼も持たずに居る。そのくせ、「(人間味のない奴らのあふれているような)メーカーは嫌や、僕のチカラを生かせて社会に恩返しを出来るところを探させてくれ」とうちのんには言えないが、期限は後2年程度が限界だろう。夢は「死ぬまでできる文筆業」と口が裂けても言えない。「アホ」の一喝が待っているだけだろうし。

 

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30