2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

ノン・セクション

2017年10月 2日 (月曜日)

更けて行く秋の夜のなんと残酷な

月がそろりそろりと
丸みをおびはじめた

心地よい風が窓辺をそよぐ

一人の部屋で無心になって
寒さの季節を予感する

窓を閉めながら考えた

今年も紛れもなく
木枯らしが吹くようになり
寒さがこたえる季節がやってくる

ぼんやり思う

嬉しいような
寂しいような

そのように
ふとしたことで秋を感じ

幕を引くように
秋が暮れてゆくのを
物悲しく思うたりする人もあろうな

この季節がもたらす
枯れゆく景色に
波の勢いのようなものがある

一人で机に向かって
なにごとか
手紙のようなものを
書こうというときには

決まって瞼には
一人の人物がいるのでした


M's Zoom

10月1日はサンマでした 栗餅(朔日餅) 栗餅(朔日餅) 栗餅(朔日餅)

2017年6月25日 (日曜日)

六月の下旬 雨降りの休日

(増殖版はコチラ) ⇨ http://wp.me/p6fXhf-MM

増殖版を書いたりして雨の日曜の午前を過ごし
午後はお里の畑の野菜をもらいに出かける


写真日記から/写真は受付に置いてある模型

県立美術館展示 県立美術館展示 県立美術館展示

2017年6月21日 (水曜日)

おっぱいの話 締め括り

おっぱいの話 続き

というのを先日書いて
どんなオモロイ話があるのか
と思ってもらえたら
嬉しかったのですが

ツマの単なる夢の話でして

露天風呂に浸かっていたら
オトコの人が入って来て
おっぱいを掴まれたという
想像の夢でした

---

ぼくの場合

露天風呂に浸かっていたら女の子が
(というより素敵なオンナの人の雰囲気で…)
ドタッと扉をあけて入って来て

あら混浴

と叫んだものの そのまま

仕方ないね

と素早く判断して諦めて
湯舟に入られまして
すぐ後にご主人が来て
湯舟で並んでお二人の記念写真を撮ってあげた

そんな思い出があります(@藤七温泉 )

---

わたしのツマは
そんな露天風呂の経験はないだろうから
露天風呂で男性に遭遇というのは
サスペンスドラマなどから連想させられる
想像上の出来事が夢になったのだろうと思います

日常からの不安が夢に出たのでしょうか

🍀

おっぱいのぷかりぷかりと夏至の風呂(ふたり)

2017年6月17日 (土曜日)

おっぱいの話 続き

これまで夫婦の会話シリーズで
面白くて楽しいものを
日記に書いてきましたが
遥か彼方に消えてしまって
探しようがありません

昔は楽しかったのになあ

木

さて
おっぱいの話ですが

ツマが

夢を見たんよ

おっぱいをぎゅーっとつかまれとるの
知らん男の人に(顔は不明のようです)

おとーーさーーん
と叫んだそうです
夢の中で

木

ぼくも
ぎゅーーーっと
してみたいというより

助けに行かなあかんやんか
大事なうちの人

コメントは何も
言ってませんけど

2017年6月16日 (金曜日)

おっぱい

「おっぱい」の話で面白かったことを近々書こうと思うのだが (予告篇)

写真日記(平成29年版)

  • おでん
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 手編みのコースター
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う