フォトギャラリー(令和2)

  • 里芋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« うたた寝る遠くのゴロゴロ聞きながら | トップページ | 8月17日に歯を抜いて、4番5番6番と空いております »

2020年8月14日 (金曜日)

少しひとり旅のツーリングの話をしよう

昔のことを思い出している

コロナ災禍で今年の夏は外出もままならない

ひとり旅を楽しみにしているバイクツーリストたちは、この時期にどこでどんな旅をしているのだろうか

 

旅から足を洗ってしまい、仕事からも足を洗ってしまった今、かつて、国内を無我夢中で走り回った過去を思い出す

紛れもなく懐かしい思い出である

 

感慨を呼び戻そうとすればするほど、あの時の激しかった感動を再現するのは至難だと気づく

二度と同じ感動をこの手に戻すことができないのは悲しいことだ

だが、あの時に一瞬に燃え上がった衝撃的な旅の激情は、やはり思うようには甦らなくて仕方があるまい

 

もしも、写真が残っていても、日記が克明に記録してあったとしても、あの時はありのままでは戻らない

あの時にわたしの身体に湧き上がった痺れるような衝撃的な感動は、あの時だけのものだったのだ

 

冷静に回想すればそれは当然だ

もう二度と甦らなくとも、あの時の感動は自分の心の何処かにしっかりとした思い出として残っただろう

わたしという人間を作る感じる力の一部になって蓄積されたのだと思いたい

 

 

いつも必ず、ひとり旅であった

旅先の出会う旅人や地元の人たちに声をかけられて

「ひとり旅か、いいなあ」

と話しかけられることが多かった

 

わたしのスタイルは「いつも、ひとり」だった

誰にも頼らない、頼られない
行き先も自分で決める
夜の過ごし方も自分で判断する

 

食べる、買う、歩く、寝る、も自分ひとりで決めて
雨に遭っても、道に迷っても、寂しくなっても、ひとりで考える

 

そんな旅を長く続けてきた

ひとりが当たり前で、とことんわがままになってみることで自分の足りなさや愚かさや失敗を振り返ってきた

それと同時に、自分の生き方も切り開いてきたつもりだ

 

 

「どうしてひとり旅に出るのでしょうねえ」

出会う旅人たちにさりげなく尋ねてみる

「現実逃避でしょ」

と、あっけなく答えてケラケラ笑っている人、涙ぐんで静かになる人、乾杯を誘う人、出会いを喜び合おうとする人、様々だった

 

焚き火を見つめながら缶ビールを片手にポツリポツリと話をする

そこで語られた物語や恋や失恋や怒りや歓びは、途轍もなく貴重だった

みんな、言葉の裏には深い深い理由を抱きかかえて旅に出てきていることを知るのだった

言葉で生き方を考え人生を悩み、明日からの元気を胸にひとり旅を終えて元のところに戻ってゆく

逃げてきたままは出来損ないだ

元気になって戻るのだった

 

 

旅人のスタイルは大きく変化した

ネット社会がもたらしたものやモノの進化による便利が溢れている

旅に苦労がなくなった(工夫もしなくなった)

高速道路も充実したし、バイクも高性能で多様化してきている

天気の予測に悩んだり、道路情報、宿泊情報で苦心をすることはなくなった

昔のような不便な旅をする人は、今はどこにもいないだろう

 

 

もう、わたしは旅人に戻ることはできない

戻る場所(旅のスタイル)がないのだから、懐かしむだけである

 

新しい時代の旅人は、新しい旅のスタイルを築いていく

それでいいじゃないか、と言いながらも「寂しいねえ」と言ってくれる人もいる

そんな仲間たちもやがて順番に消えてゆくのだと思うと、生きてきた感動を可能な限り何かの形にして伝えて、受け継いでもらえる方法をしばしば考えたことがあった

しかしながら、このごろは、それさえもお節介なのかもしれないとも感じる日々が多い

 

わたしの旅の軌跡はある種「歴史的足跡」である

坂本龍馬が新婚旅行で残した数々の記録が、一つの歴史的出来事であるように、わたしの旅も出来事だった

 

どこまで残せるのだろうか、残す必要があるのだろうか

残すことを求められているのだろうか、紛失して惜しまれるものなのだろうか

 

仕事を退いて考えていることはそんなことばかりです

--

 

 

🔗

 

▶️ 少しひとり旅のツーリングの話をしよう

(書き足しがあるかも)


Kamegamori

Yuda1996729

Oosawaonsen

Photo_20200814062501

« うたた寝る遠くのゴロゴロ聞きながら | トップページ | 8月17日に歯を抜いて、4番5番6番と空いております »

バイクと旅と昔話」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん
コメント おおきに ありがとう
仕事を引退したのですね
お元気にしてられるかなと気にかけてました
これからですよ これから

こんばんは。ソロツーリングで走った東北の夏は、遠い日の陽炎のようです。立ち寄ったキャンプ場や、温泉、夕陽の中を走った景色等が順不同のスナップ写真のように思い出されます。今は私も仕事を辞め、バイクもどうしようかと迷っているところです。125ccくらいの小さいバイクでトコトコと旅するのは如何なものか等とも思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うたた寝る遠くのゴロゴロ聞きながら | トップページ | 8月17日に歯を抜いて、4番5番6番と空いております »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト