フォトギャラリー(令和2)

  • 里芋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 素麺の冷やし中華風 やってみたい | トップページ | このごろ ぼちぼち ふたたび「㊙️伝」とここにイマージュを書いてます »

2020年7月17日 (金曜日)

「トルコキキョウというんです」 と教えてくれた

ロビーの片隅に置かれた花台の前で生け終わった花に手を差し伸べて小首を傾げてそっとしている

その後ろ姿が遠くにいるところから目に止まりじっと捉えたまま近づいて行った

 

「しっとりと落ち着きましたね」

と肩口から小さく声をかけると

「トルコキキョウというんです」

と教えてくれた

 

八月のある日

季節感のない職場の陽の当たらない廊下のその場所に花が咲き

昔からそこにこんなワンポイントがあったかのように空間を落ち着かせる

 

エレベーターから吐き出される人の波が通り過ぎざわめきが響くときも

人が去った後の静まり返ったコンクリートの冷たい壁に迫られているときも

 

花はニコニコと揺らいでいるように見える

 

あの人が生けてくれた花だからなのか

あの人が元気になったからなのか

八月があの人の誕生日のある月だからなのか

 

花の名前を繰り返し口ずさみながら席に着くときに

少し離れた自分の席に戻ってゆくその人の姿見えた

 

後ろ姿でよかった

真正面なら目のやり場に困ってしまうところだった

« 素麺の冷やし中華風 やってみたい | トップページ | このごろ ぼちぼち ふたたび「㊙️伝」とここにイマージュを書いてます »

【イマージュ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素麺の冷やし中華風 やってみたい | トップページ | このごろ ぼちぼち ふたたび「㊙️伝」とここにイマージュを書いてます »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト