フォトギャラリー(令和2)

  • 立秋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 武漢肺炎、新型コロナウイルス検出 のニュースが新聞に出てから3ヶ月あまりですね 最初は 「一週間ほどがヤマ場でしょうね」 なんて言うて どうってことないようにいっていた学者の先生は すっかり顔を出さなくなってしまったみたいで | トップページ | いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている »

2020年4月15日 (水曜日)

1人ぽっちになった今、磯辺は生活と人生とが根本的に違うことがやっとわかってきた。そして自分には生活のために交わった他人は多かったが、人生のなかで本当にふれあった人間はたった2人 母親と妻しかいなかったことを認めざるをえなかった。「お前」と彼はふたたび河に呼びかけた。「どこ行った」河は彼の叫びを受けとめたまま黙々と流れていく。だがその銀色の沈黙には、ある力があった。河は今日まであまたの人間の死を包みながら、それを次の世に運んだように 川原の岩に腰かけた男の人生の声も運んでいった。

きのう

遠藤周作

深い河

このページに付箋を貼ったので書き出しておく

 

« 武漢肺炎、新型コロナウイルス検出 のニュースが新聞に出てから3ヶ月あまりですね 最初は 「一週間ほどがヤマ場でしょうね」 なんて言うて どうってことないようにいっていた学者の先生は すっかり顔を出さなくなってしまったみたいで | トップページ | いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている »

【語録選】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武漢肺炎、新型コロナウイルス検出 のニュースが新聞に出てから3ヶ月あまりですね 最初は 「一週間ほどがヤマ場でしょうね」 なんて言うて どうってことないようにいっていた学者の先生は すっかり顔を出さなくなってしまったみたいで | トップページ | いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト