フォトギャラリー(令和2)

  • 里芋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている | トップページ | 四月下旬になりますが 事態は方向転換する様子もなく 依然として綺麗に予測通り悪化していきます 本当に真剣に遺言と遺書めいたものを用意しておいた方が良さそうで 突然隔離されそのまま無言で終焉というのはちょっと悲惨ですよねえ »

2020年4月19日 (日曜日)

コロナ禍 という言葉が広まっている 禍(わざわい)とは災いのことである 私が座右に置く言葉の一つに 禍福は糾える縄の如し というものがある 禍があって福があるのだ ヒトは幸せになって面倒臭いことを考えることなどせず 他人ができることは自分ではせず ゼニカネで済むことはそちらに任せ 優越感や満足感や幸福感に浸って生きてきてゆくようになった 禍が そこに 一石を投じた というわけである

コロナ禍
という言葉が広まっている

 

禍(わざわい)とは災いのことである

私が座右に置く言葉の一つに

禍福は糾える縄の如し

というものがある

 

禍があって福があるのだ

ヒトは幸せになって面倒臭いことを考えることなどせず

他人ができることは自分ではせず
ゼニカネで済むことはそちらに任せ

優越感や満足感や幸福感に浸って生きてきてゆくようになった

 

禍が
そこに
一石を投じた

というわけである

Photo_20200419075401

ブログに続く予定

▶️ 禍 - 穀雨篇 裏窓から

« いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている | トップページ | 四月下旬になりますが 事態は方向転換する様子もなく 依然として綺麗に予測通り悪化していきます 本当に真剣に遺言と遺書めいたものを用意しておいた方が良さそうで 突然隔離されそのまま無言で終焉というのはちょっと悲惨ですよねえ »

予告篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつものように午後に散歩に出た 六千歩ほど 田植えが始まっていたことはすでに書いた 季節は夏を迎える準備をしている | トップページ | 四月下旬になりますが 事態は方向転換する様子もなく 依然として綺麗に予測通り悪化していきます 本当に真剣に遺言と遺書めいたものを用意しておいた方が良さそうで 突然隔離されそのまま無言で終焉というのはちょっと悲惨ですよねえ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト