フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火曜日)

大晦日号

大晦日


 

一年を振り返ろうとしながら なかなか ひとつひとつが出てこない 

2019年12月30日 (月曜日)

桜田淳子を検索して連続再生をしているとドンドンとはまってしまう めちゃめちゃ 聴き入ってしまう

桜田淳子を検索して連続再生をしているとドンドンとはまってしまう
めちゃめちゃ 聴き入ってしまう

https://www.google.com/search?q=%E6%A1%9C%E7%94%B0%E6%B7%B3%E5%AD%90&client=firefox-b-d&source=lnms&tbm=vid&sa=X&ved=2ahUKEwiF4q3Sj9zmAhX-xosBHVrEAdYQ_AUoAnoECA8QBA&biw=2235&bih=1139

2019年12月29日 (日曜日)

駆け回る庭狭かろう孫三歳 / 閏年の閏の日に生まれる予定だったのだが 数日遅く生まれた もうすぐ四歳 弟がいる 先日二歳になったところ 狭い庭だが 寒風の中を走り回る 数日遅く生まれた もうすぐ四歳 弟がいる 先日二歳になったところ 狭い庭だが 寒風の中を走り回る

駆け回る庭狭かろう孫三歳

Days News


00311229-80536

2019年12月25日 (水曜日)

令和元年のクリスマスの頃は何をしていたのだろうかと思い返す日がいつかくるのかもしれない 来ないとすれば僕はサドンデスでこの世から消えているのだろう

令和元年のクリスマスの頃は何をしていたのだろうかと思い返す日がいつかくるのかもしれない

来ないとすれば僕はサドンデスでこの世から消えているのだろう

 

最新の記事
クリスマス ピンクレディーを口づさみ at 2019-12-25 09:57

きのうドリアを食べながら今度はカレーチャーハンを焼きカレーチャーハンにしてドリア風にしてみるかと

 

こんなのを書きながら過ごすクリスマスの午前 休日〜


Days News


00311225-103822

2019年12月22日 (日曜日)

冬至のころ その2




2019年12月
« 11月    
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  

NEWs


アーカイブ


Instagram

わはく ま

アルバム

冬至のころ あれこれと書いて年の瀬らしく その1

 

十二月下旬号

今年もやってきました

年末年始は 暇暇です

貧乏暇暇

 

お餅食べたりするので

太りますし

 


Days News


 

 

 

2019年12月18日 (水曜日)

ぬくたい雨やねえ ちょっとメモしておく 二句ほど /  冬苺 あるときは雨蕭々と冬いちご  飯田蛇笏 /  余生なほなすことあらむ冬苺  水原秋櫻子

ぬくたい雨やねえ
ちょっとメモしておく
二句ほど

 

冬苺

 

あるときは雨蕭々と冬いちご  飯田蛇笏
余生なほなすことあらむ冬苺  水原秋櫻子

 

■■

 

曇り空ばかり見えげていても仕方がないから少し散歩してくることにします



2019年12月17日 (火曜日)

十二月もあと二週間です 身の回りのことあれこれと整理して 一年を振り返ってみることは大切だと思います

みなさん こんにちは

あと二週間やと喜んでおります十二月

 

🔗冬枯れや一人花畑を覗き込む / 草も枯れて どくだみさえしおれてしまっている畑が 暖かい雨で湿っている この年の瀬のひと時に 雨は地面にしっとりと染み込んでゆく

 


Days News

00311218-92932

2019年12月15日 (日曜日)

カツベン 見てきました 久々の映画でした 昔 池袋の文芸座で 朝の9時に入って夕方日が暮れるまで 4回だったか5回だったか 繰り返し見た映画少年だった時代を 思い出させてくれました



カツベン

見てきました

久々の映画でした

 

昔 池袋の文芸座で

朝の9時に入って夕方日が暮れるまで

4回だったか5回だったか

繰り返し見た映画少年だった時代を

思い出させてくれました

 

今回も3回くらいはそのままで連続して見たかったなあ

 

エンディングで拍手をしたのは 僕だけでした(笑

 

ええ 映画でした

 

よかったら皆さんもどうぞ

 

早期 打ち切りになるかもしれません

 カツベン予告 🔗 ttps://www.youtube.com/watch?v=plbeGtLGET0

 

2019年12月14日 (土曜日)

今年の言葉から ── 人々は困窮し、死にひんし、生態系は壊れる。私たちは絶滅を前にしている。なのに、あなたがたはお金と、永続的経済成長という『おとぎ話』を語っている

このごろの話を色々と考えながら自分なりに重大ニュースなどを振り返ってみたりしている

 

新しい元号の令和の一文字から今年の漢字は「令」となった

 

年の瀬はそんな波も立てようのないことにアレヤコレヤと騒がしく所感を述べて、このようにワイワイとして締めくくってゆくのが美しい姿であるのかも知れない

 

経済政策にばかり目がいってしまっているアホンダラで大嘘つきで卑怯な総理夫婦を戒めるようなものは、年の瀬には一向に見当たることもなく


「豊かさと満足度」

 

の原点を顧みることもなく、行動も起こそうとしない国民たちは、「のほほん」と「令」の一文字に歓喜するのだ

 

「人々は困窮し、死にひんし、生態系は壊れる。私たちは絶滅を前にしている。なのに、あなたがたはお金と、永続的経済成長という『おとぎ話』を語っている。よくもそんなことが!」

 

グレタさんの言葉の方が今年を振り返るのに最もふさわしい言葉でありニュースであり、何度も脳裏をこだまする

 

アホンダラ総理を辞めさせられないのが悔しいし、何もしない国民の動向にも腹が立つ


Days News

 

 

 


 

2019年12月10日 (火曜日)

十二月上旬からいよいよ中旬へ

十二月上旬からいよいよ中旬へ



10日
外耳炎で痛みが出てきて
仕事を休んで耳鼻咽喉科へ


 

2019年12月 7日 (土曜日)

遠い冬炭焼き小屋の物語

東海俳壇(十二月五日)に

のせてらえまして喜んでおります

こんなことは一年に1、2回しかないのですよ

 

 

遠い冬炭焼き小屋の物語

 

【評】炭は冬の季語なので、季語が二つある句だが、この句の場合には、その点を考慮しても魅力がある。「遠い冬」とは、色々に想像できるが、遠い過去の冬と考えてみたい。ずっとずっと昔のこと、どこかに炭焼き小屋があったのだろう。その炭焼き小屋には、やはりさまざまな物語があったというのだ。長い歴史があれば、当然いろいろな物語がある。そんな様々なことを想像させる力がこの句にはある。

Photo_20191207080101

2019年12月 6日 (金曜日)

Yちゃん

Y子さんのこと

ずっと気にかかったままで

けれども今となっては連絡が取りようがない

近所のショッピングセンターで
ばったり会ったのが十年ほど前だろうか

それきりだ

 

検索をすると「手紙篇」が出て来る

同じものが出て来るのは

自分で気に入っているから後ほどになってコピーを貼ったのだろう

どちらから飛んでも「手紙篇」にたどり着く


Yちゃん

どうしているかなあ

連絡のつけようがないのが悔しくて仕方がない

 

昔 探して欲しい人を
テレビ局が探し回ってくれる番組があった

もしもあんなのがあっても
Y子ちゃんは探せないなあ


Y子

で検索してみた

 


  1. 銀マドの手紙
    て名のない手紙続 手紙のノートから前略。Y子さん儚き出会い/キリマンジャロ自分に向かって語って・・・早死コース激動の時空をゆく信管うたた寝お盆やね6月の挨...
  2. 銀マド:手紙篇
    て名のない手紙続 手紙のノートから前略。Y子さん儚き出会い/キリマンジャロ自分に向かって語って・・・早死コース激動の時空をゆく信管うたた寝お盆やね6月の挨...

 

2019年12月 5日 (木曜日)

12月5日の新聞から 12月5日の新聞から 東海俳壇

12月5日の新聞から

00311206-80109

2019年12月 4日 (水曜日)

流行語大賞が今年も発表されている 毎度のこと全く無縁の言葉でありそれでいいのだと自分で密かに喜んでいるようなところもある 一緒になって騒いだ時代もあってとても懐かしい 時代をしっかりと刻んでおこう

流行語大賞が今年も発表されている 毎度のこと全く無縁の言葉でありそれでいいのだ

一緒になって騒いだ時代もあってとても懐かしい

時代をしっかりと刻んでおこう

 

きちんとした理由があってこういう言葉が生まれてきて流行する

だから冷めて眺めるのはよくない

乗っていけないのは自分に柔軟性がなくなってきているからだが

一つ一つの要素は時代をデジタル的に刻んでいるのだから

のちの時代にフーリエ変換をすればきっと新しいものを見つけることができると思う

 

 

『新語・流行語大賞』2019“年間大賞
■11月6日発表のノミネート語


1.あな番(あなたの番です)
2.命を守る行動を
3.おむすびころりんクレーター
4.キャッシュレス/ポイント還元
5.#KuToo
6.計画運休
7.軽減税率
8.後悔などあろうはずがありません
9.サブスク(サブスクリプション)
10.ジャッカル
11.上級国民
12.スマイリングシンデレラ/しぶこ
13.タピる
14.ドラクエウォーク
15.翔んで埼玉
16.肉肉しい
17.にわかファン
18.パプリカ
19.ハンディファン(携帯扇風機)
20.ポエム/セクシー発言
21.ホワイト国
22.MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
23.◯◯ペイ
24.免許返納
25.闇営業
26.4年に一度じゃない。一生に一度だ。
27.令和
28.れいわ新選組/れいわ旋風
29.笑わない男
30.ONE TEAM(ワンチーム)


Buzzword_year

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト