フォトギャラリー(令和2)

  • 立秋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 | トップページ | 夕暮れが美しすぎて 悲しさを滲ませて 真っ赤な空がビルを燃やしていた そんなセンチにどっぷりと 浸っていったところで 二人のドラマは進まない 胸のケータイ探ってみても 打てないメールをためらうばかり 秋めいて 帰り道 駅までの坂道 急ぎ足 遮断機おりて 立ち止まる 今朝の占いをひょっこりと思い出してみては そんな幸せどこにもなかったのにと苦笑い あれがドラマの幕切れで 新しいドラマの始まりだった »

2019年8月31日 (土曜日)

僕の歳よりも五年も先のころには ご先祖だった僕のお爺さんも 僕のお父ちゃんも 生きていることができなかった けれども 僕は きっと生きていると思うけど 確信はない

だからというわけではないのだけど

僕は

何か

言い遺す準備をしておかねばならないではなかろうか

 


書きかけ

« 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 | トップページ | 夕暮れが美しすぎて 悲しさを滲ませて 真っ赤な空がビルを燃やしていた そんなセンチにどっぷりと 浸っていったところで 二人のドラマは進まない 胸のケータイ探ってみても 打てないメールをためらうばかり 秋めいて 帰り道 駅までの坂道 急ぎ足 遮断機おりて 立ち止まる 今朝の占いをひょっこりと思い出してみては そんな幸せどこにもなかったのにと苦笑い あれがドラマの幕切れで 新しいドラマの始まりだった »

第4コーナーから / ゆるりと生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後藤さんが、いまは、恥ずかしそうに、悔しそうに、申し訳なさそうに……心ならずも泣いていた。嗚咽を必死にこらえ、真知子さんから受け取ったハンカチを目に強く押し当てて、くぐもった声でうめいていた。 ああ、これがオトナの泣き方だ、と思った。父親の涙の流し方だ、と噛みしめた。 | トップページ | 夕暮れが美しすぎて 悲しさを滲ませて 真っ赤な空がビルを燃やしていた そんなセンチにどっぷりと 浸っていったところで 二人のドラマは進まない 胸のケータイ探ってみても 打てないメールをためらうばかり 秋めいて 帰り道 駅までの坂道 急ぎ足 遮断機おりて 立ち止まる 今朝の占いをひょっこりと思い出してみては そんな幸せどこにもなかったのにと苦笑い あれがドラマの幕切れで 新しいドラマの始まりだった »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト