Days 令和元年 足跡

  • 7月16日は天津飯
    令和の足跡

M's Zoom

  • 鯖の頼り(5月27日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 🔗 NEWS 雨上がり夜明けを待っていられない 父の日号 | トップページ | 鮮やかな黄色が気に入りました 五月に来て以来 初登場 »

2019年6月18日 (火曜日)

旅や探検の醍醐味は、「気づき」

 旅や探検の醍醐味は、「気づき」。自分が普遍的だと思っていることが、実は他の人にとっては特殊なことだと分かる。そうすると物の見方が変わり、自分が変わることがおもしろいんです。

 エチオピアでは、ヤギやラクダを飼っている人に「もっと増えたらいいですね」と声をかけたら「いや、これを大切に育てるのが私たちの役目です」と言われた。足るを知る人たちなんですね。いま、「好きな言葉を書いて」と言われると、自戒を込めて「ほどほどに」と書いています。


(語る 人生の贈りもの)関野吉晴:1 アマゾン通い50年、未完の旅

 


📝 関連記事を検索しました

  1. 関野 吉晴 グレートジャーニー―地球を這う
    者〕、マスコミやTVメディアが取材した。関野吉晴さんは、1993年に、南米ナバリーノ島を発ち2002年にアフリカのラエトリに到達し冒険を終えた。関野吉晴著:ち...
  2. 音楽篇 (1)-(6)
    した。─ ─ ─ ─【きょうの買い物】○関野吉晴著グレートジャーニー地球を這う ユーラシア~アフリカ篇筑摩書房 \950○遠藤周作著女の一生(上・下) \70...
  3. Patagonia Autor: Federico B. Kirbus 〔2003年9月初旬号〕
    に興味を持ったのは、グレートジャーニー(関野吉晴著/No121で紹介済)を読んだからであった。まだ関野さんの著作が強烈な印象を残しているときに、手元に「Pat...
  4. いきいきと三月生る雲の奧  飯田龍太
    雨の日は読書などいかがでしょうか。以前、関野吉晴著 「グレートジャーニー ─ 地球を這う」という本を紹介したことがあります。 約400~500万年前にアフリカ...
  5. ねぶか  <2月中旬続号>
    るな、と感じますね。 最近の語録から、関野吉晴さん。 「移動したという達成感が旅の中心じゃない。彼らの考え方やものの見方を学びたかった。彼らの社会は進歩優...

« 🔗 NEWS 雨上がり夜明けを待っていられない 父の日号 | トップページ | 鮮やかな黄色が気に入りました 五月に来て以来 初登場 »

【語録選】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 🔗 NEWS 雨上がり夜明けを待っていられない 父の日号 | トップページ | 鮮やかな黄色が気に入りました 五月に来て以来 初登場 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31