令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木曜日)

ねえ トンネルの向こうな何だろうね

ねえ 向こうには何があるのか 知りたいよ

ねえ
このトンネルを抜けると
どこに通じるのだろう

行ってみたい・・・

(矢の川峠 旧道)

1005093subori3

トンネルの向こうには何があるの

歩いてトントン1分ほど
履歴書を印刷しに出かける

ツマの分

トンネルを早く抜け出したい

明日からぼくは失業者

2019年1月26日 (土曜日)

ぼくだけの物語 

ぼくだけの物語

そんなノートが見つかった

読んでくれます?

ぼくだけの物語

Mitarasi

2019年1月24日 (木曜日)

海に出て木枯帰るところなし

大寒(20日)
母の誕生日(21日)
父の命日(22日)
を迎えて
冬の寒さは私のためにあるのかと思うのだった

伊勢湾

2019年1月21日 (月曜日)

三十年は激動だったか

三十年間を「激動」という言葉で済ませていいのか ─ 大寒篇 裏窓から

日曜の午後のケーキ 大寒
仕事を辞めるのだと決めたのですけど
なかなか日曜日に時間ができるようになるわけでもなく
ブログゆっくり買いたいけど
一週間以上も開いてしまう
早く三月末日が来て欲しい
うちの人
胃腸風邪で寝込んでしまって
土日が過ぎるのですけど
少し良くなったので
ケーキを買いに行きました
食べたらまたピーピーになってました

大寒の日差し優しくてやれやれ

 

2019年1月14日 (月曜日)

成人の日まで

成人の日に考える

成人の日 ぶり シャケ ハンバーグ カマス アオリイカと小芋 小寒

  1. あっという間に成人の日が過ぎて 仙一 逝く ─ 小寒篇 (裏窓から)▶️成人の日が過ぎるころまで BOOKsから 写真日記から ...
  2. スモモ成り父の形見や十六年 い。だが考えつくされてゆく。生まれてから成人するころまでは父や母というのは居て当然という無意識のなかにある。そんなふうにして大人に成長してきた人が大部分だ...
  3. (平成26年)成人式のころ・雑感 (平成26年)成人式のころ・雑感きょうは成人の日です。左にあるサイト内検索窓に「成人」と入れればこの「遺言」のブログを輪切りあけ...
  4. 遠藤周作 悲しみの歌 (続・感想) し、新人のころの硬さと美しさをも蘇らせ、成人期の柔軟さも加えた作品にまとめる術を見せてくれた。そういう遠藤になりつつある過程で、苦悶している遠藤さんが書き...
  5. 村上龍 55歳からのハローライフ けて軌道に乗り始める時期であり、末っ子が成人をするときでもあった。家庭はひとつの屋根の下に芋の子を洗うように構成され、55歳で社会を抜け出した人は、孫と出...
  6. 失恋は庭の焚火でそっと燃す ─ 1月上旬号 かな。+11212日から14日までは成人の日があって連休になっている。二十歳の頃の東京の暮らしを思い出す。あれはあれで精一杯生きていたのだ。もしも今の...
  7. あけましておめでとうございます ─ つぶやく十七音・年末年始篇 ってた。19日 月曜日テレビやラジオは成人式のニュースを繰り返している。成人式ねぇ。断崖絶壁のオーバーハングに立ち向かっているような状況だった進級試験を...
  8. 成人の日、昔を辿ることは、ヒトの宿命だ 筆しながらホームページへ集めていますが、成人式のニュースをやっていたので、いろんなことを思いながら、成人式とはどうあるべきなんだろうか、などと考えていまし...
  9. キミの髪を粉雪まみれにしてみたい ─ 一月中旬篇 約束を果たせず風花だけが舞う 10日-成人式。三十数年前、この次の日は試験でした。同期は半分も一緒には卒業出来なかった時代。落ちると分かった進級試験ち...
  10. 成人の日ですね 昔の記事を拾い集めてみようかな。トラックバックで。
  11. 遺す言葉 - 1 と向かい始めている。 老衰なら救えるが、成人病、高血圧、糖尿病、心臓病、脳こうそく、癌、交通事故、自殺など、原因はさまざまな人を見てきた。そこで、見送る方...
  12. 挨拶を果たす です。卒業と入学を繰り返しながらその間に成人し、就職を果たしてきた。途中で結婚もし転職もした。遊んだこともあれば真面目に頑張った日もある。そんななかで、私...
  13. 心を支える Ⅱ 40歳を越えていた。したがって、その子が成人をするときに、自分は60歳を越える。その時代の平均寿命が60歳から70歳の間にあったとして、55歳で仕事の定年...
  14. オヤジの背中  20026月中旬〕 れませんが、自分が生きている間に末っ子は成人して結婚してくれる可能性だって少ない。親は子どもの晴れ姿を諦めているし、子どもも親に甘えていなかった。こうい...
  15. 新年明けましておめでとうございます おめでとうございます。といっても、すでに成人式が終わって、お正月気分は完全に抜けていることと思いますが。 世界は大恐慌並みの不景気に危機感を募らせる一方、...
  16. 豊かさと満足度 手前の、人間ならばメタボリックで典型的な成人病を患った重篤な牛かもしれない。 美味しいといわれるニワトリは、生まれたときから暗い鶏舎に封じ込められ、満員電...
  17. ジンクスが風上へ誘う沈丁花 成人式にも出る暇もなく日夜机に向かい臨んだ試験であったが、残念ながら満足な感触は無いまま三月を迎えていたと思う。駅...
  18. 西本智実さん  再び の財布に5千円は無いなあ。行きたい!娘の成人式なんてどうでもいいから、コンサート行きたい!と駄々をこねても、しかたがないか。 ...
  19. 15話【花も嵐も】 利賀村への道<奥美濃> 書いている2005年にはその子どもさんも成人していることだろうと推測できます。利賀村への峠は「山の神峠」といいます。このころの峠は、現在と違って旧道の凸凹...
  20. 言葉 <20031月上旬号> た、私が昔に見た夢のようだ。◆日記から成人式のニュースを見て成人式の話題のニュース報道を見た。昔の塵埃秘帖にも書いているが、私に成人式の歴史はない。進級...
  21. 成人式のころ <20021月中旬号> 成人式のころ 銀マドも2002年に突入です。今年もよろしく。-*--- 成人式の話題をニュースでやってましたので、...

2019年1月 5日 (土曜日)

新年は静かに始まりました

お正月が終わってからのひとときが
いちばん嬉しい時なのかもしれない

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31