Days News

  • 体育の日
    令和の足跡

M's Zoom

  • 10月13日 マクドで
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月曜日)

平成最後の大晦日に考える

きのうから

いや

今年の暮れあたりから

生き方について考えることが増えている

🌱

世の中には いろんな生き方があって

ドラマのような生き方の人もあれば

教科書のような生き方もある

自分が幸せを目指したのであれば

その描いた姿と生きて来た姿を照らし合わせて

幸せの満足度を決めるのかもしれない

そこに豊かさなども覆いかぶさって

複雑になってくる足跡の回顧を

記憶という極めて人間的であるヒトの特徴がフィルタリングすることで

その演算曲線を指数関数的に重みつけてしまう

つまり

今幸せであれば

過去は許してしまうこともありうる

というような心理があるのではないでしょうか

🌱

いま

幸せですか

それを問われたときに

どこまで自信を持って

勢いよくハイと言えるか

🍁

写真日記から

煮しめ フライドポテト

2018年12月30日 (日曜日)

人生というドラマにスポットライトなどなかった

(わたしの)

人生というドラマに

スポットライトなど

なかった

いや

スポットライトなど

不要だったというのが

正しいのだろう

静かに暮れ行く

平成最後の師走に

静かにあらゆることを

振り返ろう

🍃

波乱万丈ではなかった

とりわけ幸せでもなかった

自分の思い通りに生きてきたのだが

悔しい思いもしたこともあった

でもそんな気持ちも時間とともに諦めに蝕まれ

激しく憎んでも許されるほどの裏切りに

何度も遭遇しながらも

その憤怒さえも投げやるところもなく

心の奥で磨り潰すように失って行ったのであった

🍃

もういまさらそんなことで心を乱すよりも

真っ当で綺麗な気持ちで

これからの希望を見つめながら

人生を締め括っていきたいと思う

終幕を引く時間がどれほどの月日となるのか

予測などできないけれど

暇がかかればアンコールのチャンスが来たと思えばいいし

間に合わなければ泣いて済ませるしかない

2018年12月29日 (土曜日)

年末年始のお休みが始まりましたが・・

年末年始のお休み
始まりました

平成最後の師走に考える
と書き出して

思考はぐるぐると回ったままだ

🌱

八代亜紀 終演~アンコールの前に
歌:八代亜紀
作詞:美樹克彦
作曲:美樹克彦

聴いている

すごくいい歌ですから
ぜひレンタルでもしてみてね

🌱

ENDINGの曲が 終ると
幕が降り 沸き起こるアンコール
最後の曲まで 涙こらえて
唄い切った 私に

アンコールの曲は あの人が
『好きだよ』言った歌を選んだ
ありがとうを 心に刻み

今から あなたに唄うよ
愛を感じ合えた 月日に
一点の 曇りもない
ただあなたを 失うことは

私にも 死ぬと言うこと
運命がいたずらをして
引き裂かれた
これが私の 愛の終り方

INTROが 流れ始めて
幕が開き 唄い出すアンコール
流れでる 涙は拭かずに
きっと 唄い切るから

スポットライトの 真ん中に
あなたの 笑顔見える
また私が くじけないように
いつまでも 見守っていて

人生の終演が来る その日までは
唄い続ける あなたを想って
運命に今は流され 生きてゆくわ
それが私の 愛の築き方

🌱

(わたしの)
人生というドラマにスポットライトなどなかった

いや
スポットライトなど
不要だった
というのが正しいのだろう

静かに暮れ行く
平成最後の師走に
静かにあらゆることを振り返ろう

2018年12月25日 (火曜日)

クリスマスの三連休

夢の中であなたをぎゅっとクリスマス

クリスマスもう思い出させないで流れ星

クリスマスキミの便りだけ届かない

雪降れば雪女になれなかった人のことを思い出す

🌱

クリスマスの三連休

クリスマスケーキ(いつものお店で) クリスマス 連休はワインとペペロンチーノ(具だくさん) ボウモア

2018年12月22日 (土曜日)

雨の冬至 おざなりの障子貼り

やれやれと冬至迎えて障子貼り

雨降りですね

🌱わはく(秘)伝から
平成最後の師走を迎えている ─ 冬至篇 (裏窓から)

写真日記から

  • 一発で撃ち落せない悔しさクリスマス 1220 
  • ヤキモチを焼けば暖炉の火が赤く 1220 
  • もしもポチッと時間を少しだけ止められるならば・・・・ 1214 
  • 夢の中であなたをぎゅっとクリスマス 12月21日

2018年12月15日 (土曜日)

一年を振り返るゆとりがあるか ─ 大雪号

一年を振り返るゆとりがあるか ─ 大雪篇 (裏窓から)
月のはじめに考える ─ 失意泰然 

(休憩)

🍀NEWS
12月中旬号

鮭のホイル焼き 焼き芋 トンカツ 焼き芋 ちくわ 焼き芋 鯛 ブリ 焼き芋にチャレンジ

2018年12月 9日 (日曜日)

師走もぼちぼちな休日

お世話になった人があります

やはり、そういう方々に無礼なことをしてきたなと振り返ることが多い

ぼくの給料の十倍ほどももらうような人で
手の届かないような人であるけれど

ぼくの進む道を明かりで照らしてくれるような助言を数々もらったのだから
それでも何一つ便りも年末年始の挨拶だけで済ませて来たりしていたのだから

心から改めねばならないなと
いまごろになって思うのです

ハンバーグ@コッフェグランツ  コロッケ@コッフェグランツ  ヒラマサ トンカツ(ヒレカツ)

2018年12月 8日 (土曜日)

ゆっくりと日記でもかこうじゃないか 大雪篇 

きょうは ぼちぼち 日記をかこう

一週間振り返り
そろそろ一年もふりかえらねば

ゆっくりと日記でもかこうじゃないか 大雪篇 

2018年12月 7日 (金曜日)

「大雪篇」検索結果(8件ヒット)

「大雪篇」検索結果(8件ヒット)

 

    1. ゆっくりと日記でもかこうじゃないか 大雪篇 
      ねばゆっくりと日記でもかこうじゃないか 大雪篇  写真日記から   ...

 

    1. 高を括る ─ 大雪篇 【裏窓から】
      ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる   山頭火捨てきれない荷物のおもさまへうしろ   山頭

 

    1. 冬眠をする ─ 大雪篇
      7日は大雪それほど寒くないなと思っていたのだが 大声で さむ~い と叫んでいる子がいたので

 

    1. いろはにほへと ── 大雪篇
      12月7日暦の上で大雪で、冬至を間近に寒さ愈々。時節のとおり全国の至る所を大雪が襲った。伊勢

 

    1. 流行りの言葉 ─ 大雪篇(あとがき)
      平成25年の流行語が今月初旬に話題になっていました。年の瀬のお祭り騒ぎだという人や無縁な言葉

 

    1. 大雪や日めくり薄し指を折り  ─ 大雪篇
      二十四節気「大雪」も足早にすぎて、いよいよ暮れも本番となってまいりました。年始に置いた日めく

 

    1. この日にコートを出しました ─ 大雪篇
      ▼今年ももれなく大雪を迎える。この日から冬至までの間に冬の覚悟を決めて、そのあと正月を迎え冬

 

  1. 塵埃秘帖2nd
    | 塵埃秘帖(2nd)銀マド>忘年会 大雪篇風が冷たくなりました。塵埃秘帖をすっかり忘れて忘年会に行ってました。あの日の日記からトラックバックを貼っておき...

2018年12月 1日 (土曜日)

近江ちゃんぽん総本家本店

近江ちゃんぽん総本家本店 に行きたいと思う

いつ 叶うかな

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31