フォトギャラリー(令和2)

  • 里芋
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« サンマ7号は煮付けに(台風24号顛末) | トップページ | 暦めくって十月そろりと秋めいて »

2018年10月 2日 (火曜日)

あの人はそっとわたしのそばを通り過ぎたのでした

もう一度

あの人のそばを

 

あの人に気づかれることなく

吹いてゆける風になりたい


あの日の風になりたい

あの日の風に戻りたい

そう 

つぶやいてみた日記が見つかった

 

あの人の

あの日の

風とは

いったい

何者だったのだろうと

残された日記を見て

わたしは考える

 

きっとわたしは

誰かにひとつのことを

知らせたいと思ったのだろう

 

これは告白のようなものではなく

祈りのようなものでもない

 

山帰来

では

と考えてみる

 

熱い情熱を燃やし尽くすための

揺るぎなくパワフルなものが
わたしに備わっていて

 

あのときその力を使い果たすことができていたら

わたしはふたたび風になりたいとは考えなかったに違いない

 

風は気まぐれでなくてはならない

ゆくあてもなくさまよえる自信があったのか

 

あの日あのときに

風であったわたしは

強くて逞しかったのだ

 

だから

あの日の風には戻れない

 

---

 

【イマージュ】

« サンマ7号は煮付けに(台風24号顛末) | トップページ | 暦めくって十月そろりと秋めいて »

【イマージュ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンマ7号は煮付けに(台風24号顛末) | トップページ | 暦めくって十月そろりと秋めいて »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト