« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水曜日)

1月下旬号

庭の蝋梅の写真を撮りにいったのが
28日日曜日の朝であった

あれからそれほど蕾が開いた様子もなく
期待をするような香りが漂ってくるのを
感じさせてくれるわけでもない

少し寂しいが まあ自然というものだろう

寒さは依然と厳しく
22日に雪が舞ったニュースのあと
雪の影響で交通機関が乱れたという話もなく
御在所の温度を見ていると
二、三日おきにマイナスを記録している

30日火曜日の朝の冷気もかなりのもので
霜や氷は目立たないが
朝の列車が来るまでホームで待つ寒さは
記録的と思ってよかろう

ロウバイ

ビーフシチュー

2018年1月29日 (月曜日)

父の最期の言葉

二十年前の大寒の二、三日後に父は亡くなっている

残された母の話によると

亡くなる日の二三日前には

既に意識がぼーっとしてたらしい

ビールが飲みたいと言うのであるが

こんな状態で飲ましてはならんと思い

お茶をやったという

「ビールと違うやないか、まずいなあ」

言うてやったわ

と、あのときを母は回想している

それが父の最期の言葉であったことになる

2018年1月28日 (日曜日)

三十数年の歳月が過ぎて幻の日記が見えてくる

子どもが結婚をしたときに

遠く京都に住んだままで

家のそばに新居を構えることもなく

将来のいつ頃になって帰ってくるのかも

はっきりとさせなかったこと

父はこのことについて

眠れない日が続くほどに

考えて続けて

あらゆる可能性を求めて構想を描いたのではないか

と思う

子どもは

自力でこれからも生きてゆくつもりだろう

自信に満ちているのはわかる

しかし、たとえ自分が頼れるような親でなくとも

親を頼ってそばにいたいというような素振りさえもしなかった子どもを思い

好き勝手にしている様子を見せられるときは

おそらく寂しい思いをしたに違いない

学校にやっているときの六年間の苦労を振り返りながら

東京で学業を終えたら故郷に戻ろうと考えてくれることを

普通に筋書きにしていたかもしれない

それだけに相当に寂しい日々を過ごしたことかと推測する

さらに、後年になって

子どもは夫婦で故郷に帰って来たものの

車でⅠ時間ほどのところに家を構えてしまう

自分たちはその家にのこのこと

立ち寄ることも憚られるようなこともあった

そんな暮らしに、ある時は満足する一方で

何処かしら寂しく思ったことだろう

子は子で新しい時代を生きるのだから

むかしの世代は何も申してはいけない

申したとしても

決してそれが生きてくる言葉にもならないのだ

そう思って黙っていたに違いない

父の日記は紙切れ一枚も残っていない

しかし、こんなことを
必ずあの枕元に置いていた帳面に

書き残していたはずだ

残っていなくても

それが見えてくるような気がする

三十数年の歳月が過ぎて

自分が父と同じような立場になった時に

恐ろしいほどに

幻の日記が見えてくる

2018年1月27日 (土曜日)

本当は寒いの好きと意地を張る

ブログ M'S ZOOM
寒風の中を歩いて帰り着き 一月下旬・週末号

アメブロから

2018年1月24日 (水曜日)

一月下旬がそろりと始まる

22日午後
雪のニュースが列島を駆け巡った

我が家は霙まじり

定時で終わって大急ぎで駅へ行く
しっかりJRが止まってました

雪の降っているところがあって
枝が倒れて不通とか

振替輸送の列車とバスで
帰ってきました

霙まじりに寒くて冷たい雨です

アメブロの記事から

雪降るや貴方のくにはみちのくに

雪国やむかしの友儚き人

雪景色夢で終わってロマンは終わり

雪のニュースそんなに騒ぐことなんやろか

春近し季語に群がるボラの群れ

そうかあの日暮れに見た寂しい月を寒三日月というのか

諦めのため息白し雨予報

チョコ サバの味噌煮とほうれん草と切り干し大根

2018年1月21日 (日曜日)

母八十七歳にどらやきを買ってゆく

母八十七歳にどらやきを買ってゆく 大寒のころ

どらやき屋 りん どらやき屋 りん

  • あれが最期 大寒篇 (裏窓から)
  • 2018年1月20日 (土曜日)

    あれが最期 大寒篇 (裏窓から)

    平成10年(1998年)
    1月の暦を調べると20日が大寒です

    そして21日が母の誕生日で67歳を迎えて

    22日に父が亡くなります

    父は66歳でした

    3月20日で67歳になるはずだった

    気象記録データを調べると

    市内の観測所で測定した最低気温が

    22日に2.3℃、23日に3.0℃、24日2.6℃

    となっている

    とても寒い北風が吹き荒れ

    葬儀の時にも寒さが容赦無く襲い掛かり

    私はそのあと2週間ほど激しい風邪ひきと前例にない声枯れに襲われたと記憶している

    私の弟も(あれから20年たち)86歳になる母も

    あのときのことや葬儀のこと、そのあとのことを話すと一致して同じことを言う

    しかし、気象データは2℃以上あって、二、三日前の寒波よりも温たいことになる

    記憶がいい加減で曖昧なのか、色褪せるのか、それとも人が死んでしまうようなことがあると身体がまた違った反応を示すのか

    私の父は数年来に経験がないほどの寒い日であった1月22日の正午前に亡くなったと大勢が記憶していることは事実である

    その1週間ほど前から周りの人はそろそろを覚悟したり、まさかまだやろうという感触を持ってみたりしていたそうだ

    本人はふだん通りの日常を過ごしていたのだろうと思う

    車で1時間ほどに住む私のところには何の連絡もないし心配事を伝える電話もなかった

    私の方も別段に憂うことも心当たりもないので、冬が終わって春が来て、きっとのらりくらりといつまでもこのままでいてくれるだろうと考えていたのだった

    のちに私は自分の日記にあの頃の様子を母が話してくれたのを書き残している

    近づくところ

    「なあ、うちのお父さんが逝くときには、

    どんなふうやった?」

    「そうやなぁー」と、

    母は目を細めて話し始めた。

    高血圧で、脳みその中のあちらこちらで

    血が滲んでいたのだろうか。

    「その日の二三日前には

    既に意識がぼーっとしてたなあ。

    ビールが飲みたいと言うので、

    こんな状態で飲ましてはならんと思い、

    お茶をやったら、

    『ビールと違うやないか、まずいなあ』

    と言うてやったわ」

    「どこかが痛かったとか、

    そういうことはなかったのか」

    と尋ねると

    「そんなに苦しがることはなかったな。

    布団に入ってスースーと眠っていて、

    (父の実姉と三人で布団に入って)、

    向こうから姉さんが身体を暖めて、

    わたしがこちらから暖めていたんやけど……、

    姉さんが『なあ、仁(じん:父の名前)、

    冷たくなっていくわ。あかんな、もう』

    と言うて……あれが最期や」

    🍀

    さすがにここまで書いて

    私もペンが揺れるわ

     

    少し休憩

    寒中いよいよ 一月中旬の後半

    一月中旬後半のあれこれを
    けさからあれこれと思い出しています

    お休みにお出かけの用事が入ると
    PCの前に座る時間がなくなるので
    ほったらかしが続きます

    🍀 なあぼくの好きな色って知ってるか?

    自分でも何色なのか意識していないけど
    ムスメがすかさず「みどり」かなという

    バイクに乗って走り回っていた時は
    赤いバンダナがトレードマークだったのだが
    今はみどりなんですね

    カワサキ KLEのカラーが好きなままなんやなあ

    🍀 シャケのカレー風味のフライを試案する

    職場でパクリとかぶりついたシャケのフライが
    ほのかにカレー味、そのあとじわっとカレー味

    カレーパンのカレーみたいに挟んであったので
    家で真似をして見たいと試案中です

    筑前煮と小松菜 小松菜 鯖 鯵のフライと揚げ出しとうふ

    2018年1月19日 (金曜日)

    若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも

    図書館で予約しました四番目

    今までに何度も
    芥川賞には騙されるように
    失望していながら

    また読もうとしているのですが

    失望しながらも
    それほど悪い印象が残らないのが
    この賞のいいところで

    昨今は
    ウケとか
    人気に
    大きく流されてしまう傾向が無視できず
    寂しいのため

    今度こそと期待をしたい

    若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも

    2018年1月17日 (水曜日)

    旅路のはてに求めたもの

    ▶️旅路のはてに求めたもの

    遥かむかし
    旅路の果てで
    心から切実に願ったこと
    それは何にも縛られぬ
    解き放たれた自分の姿だった

    だが、しかし
    ある場所に辿り着いてみるとそれは
    幻想にも似たもので
    空間をさまよう得体の知れないもの
    カタチのなどなく
    影もなく
    現実からはかけはなれた夢物語であり
    負け犬が見た逃げ道の筋書きにも思えた

    夢など追うて生きてゆくことなど
    実に儚いことだと感じたことと
    それに気づくことの遅かったことを
    不安と疑いの気持ちで知らされるのだが
    認めたくもない気持ちが
    自分自身と葛藤していた

    あのときにあそこで気がつけば良いものを
    運命の知らせも察することなく
    願いも叶わず
    ひたすら夢を追いかけ続けていた

    間違いではなかったと
    言い続けている自分を
    いち早く捨てねばならないのにもかかわらず
    着地点から目をそらせ続けていた

    ぼくは
    遥か遠くまで
    旅をしてきたのだが

    辿り着いたところは
    青い鳥が見つかった夜明けのように
    ぼくと背中合わせに
    潜むかのようにあったステージだった

    2018年1月16日 (火曜日)

    ひよいと四国へ晴れきってゐる

    13日と14日に
    ちょっと四国まで
    ムスメさんが結婚式に出席するので
    その合間の子守を仰せつかりまして
    車に便乗して
    高松市まで行っていました

    うどん食べてきました
    でも写真撮ってないわ

    14日 高松駅 14日 高松駅 14日 高松駅 14日 高松駅 13日 淡路島

    淡路島から 淡路島から

    四国ではケンちゃんの子守をしながら
    おうどんを食べに出かけて

    ムスメが披露宴から帰ってきたら
    今度は二人でホテルの近所の飲み屋さんへ

    あくる日は(14日)
    うどんを食べていないムスメのために
    もう一度うどん屋を巡って
    帰途につきました

    おゆうはんは
    あさくまでした

    2018年1月15日 (月曜日)

    霜おりて氷は張らず夜明け前

    15日のつきだし

    (15日)

    四国から帰って
    ほっこりとしました

    散財したし
    ウイスキーも飲まなかったので
    おでんで一杯したところです

    メインはカジキのフライでした

    四国の写真もあります

    🍀 寒天にどんとの煙散り散りと
    🍀 どんと焼き駅へと急ぐ女子高生
    🍀 霜おりて氷は張らず夜明け前

    2018年1月10日 (水曜日)

    あっという間に成人の日が過ぎて

    最近は写真を放り投げ入れて
    日記はおざなりですね

    そのうち書き足しますって
    (ホント?)

    ▶️星野仙一 逝く ─ 小寒篇 (裏窓から)
    ▶️成人の日が過ぎるころまで

    壇蜜日記4 噂は噂

    餃子 鰤 横綱ラーメン 親子丼(お昼)

    2018年1月 7日 (日曜日)

    高村薫 黄金を抱いて翔べ

    黄金を抱いて翔べ
    高村薫
    2017.12.11

    高村薫 黄金を抱いて翔べ

    できる限り真っ白で読み始めたいのだが、「高村薫の初期作品」と本の紹介で書いているので、読みかかる前に知らないままでは済まない。

    「リヴィエラを撃て」や「マークスの山」はこんな作品を上流に持っていたのだと思うとそのこと自体が感動になってくる。

    物語よりも、まず若き高村薫がこの作品を創りあげていることの感動である。

    まだ若いギャル世代を多少回った程度の年頃にこれほどまでに硬派なドラマをそして冷たい心をさらにオトコの感情をさらりと書いている。そしてそれがテンポも良くて面白い。

    映画になっているらしい。映画ファンはさぞかし映画を楽しまれたことだろう。

    怒りあり恨みあり、情がありさらにスリルがある。

    小説でなければ表せない場面や心情・感情を高村薫のペンは、冷たくサラサラと書いてゆく。

    物語の大筋は銀行から金塊を強奪するという話で、そのために緻密に計画を立てて、下見をして、実行する。

    人が絡み合う。
    心が縺れる。
    感情が交差・激突する。
    悲しいとか嬉しいとか好きだとか嫌いだとかそういう話でもない。

    金塊が盗み取れるか。
    段取り通り作業が進むのか。
    爆弾は派手に爆破できるか。
    金庫はぶち破れるか。
    予期せぬトラブルは起きないのか。

    一歩間違うと大衆向けのサスペンスでスリルに溢れただけの三流ドラマになりかねない。だがそこにはとどまらずに、読者を惹きつけてしまう力と面白さを備えた文芸的な作品である。

    読後に高村薫ファンを二倍以上にしてしまう。

    作者を男性だと勘違いさせて素知らぬふりをしている。

    まあ、高村薫さんも最近は新聞などに顔を出して論壇にも登場しているし、出版社のPR戦法でも作家の素顔がオモテに出ることから、男性と思っている人は少なくなったと思いますが。

    悪役で、裏街道を生きて、ズル賢くて才能があって機知に富んでスマートに行動するようなオトコを書く(描く)のは上手い。

    この硬派な筆致が高村薫は難しいと思わせたり男性を想像させたりしたのでしょう。

    非常にわかりやすくてスカッとして飽きさせなくて引き込まれてしまうリズムを持っているのに。

    読む前に映画があることを知ったときは、あとでDVD作品をレンタル屋に探しに行こうかと考えてのですが、その気はなくなってしまった。

    そんなことをするくらいならもう一回読む。

    金塊は強奪できたし、爆弾も爆発して、パニックも起きたのだ。

    結果を知りながらもう一回読んでも間違いなく面白い。

    2018年1月 6日 (土曜日)

    わさびマヨネーズでシャケを

    小寒すぎて
    寒さ愈愈と
    震え上がりますが

    夕暮れは
    だんだんと
    明るくなってきたから

    もうひと頑張りだなと
    自分に言い聞かせて
    ひとりごとを言う

    息がぽわっと白い

    シャケ(わさびマヨネーズ)

    わさびマヨネーズで
    焼いてみました

    今度は
    もう少し厚めに

    🍀

    高村薫
    読み終わりまして

    感想はこれから

    高村薫 黄金を抱いて翔べ

    2018年1月 5日 (金曜日)

    星野仙一 七十歳 (一月四日)

    天地人 1/7

     スポーツ選手には、そのプレースタイルや外見などからさまざまなニックネームが付けられることがある。それが付けられれば、超一流の証しと言ってよいのかもしれない。

     よく知られているのは外国のサッカー選手だろうか。ペレ氏は「王様」。「皇帝」はベッケンバウアー氏。プラティニ氏は「将軍」と呼ばれた。「空飛ぶオランダ人」はクライフ氏だ。野球界で「ミスター」といえばもちろん長嶋茂雄氏。「トルネード」は野茂英雄氏。松井秀喜氏は「ゴジラ」だった。

     プロ野球中日のエースとして「燃える男」、その後、中日、阪神、楽天の監督になってからは「闘将」と称されたのが星野仙一さんだ。気迫を前面に出し、特に「宿命のライバル」と呼ぶ巨人戦ではめらめらと闘志を燃やした。

     数々の名シーンがあるはずなのに、小欄がなぜか真っ先に思い出すのは、あの「ヘディング事件」。グラブをたたきつけて悔しがった、そのときの投手が星野さん。1981年の巨人戦、遊撃後方のフライを中日の選手が頭にぶつけて捕球できず完封を逃したのだ。

     いや、しかし何と言っても忘れられないのは、2013年に楽天を初の日本一に導いたこと。東日本大震災の被災地東北が歓喜に沸いた。星野さんの訃報がきのう伝わった。本県のゆかりの人からも惜しむ声が漏れた。70歳。あまりに突然で、あまりに早過ぎる。

    …………

    談話室 1/7

    明治大野球部のキャプテンにはグラウンドの外でも三つの役目が課せられた。合宿所の便所掃除と監督の車の運転手、チームについての意見具申である。名将島岡吉郎監督(故人)の考えに基づく厳格な習わしだった。

    「人が嫌がること、つらいことこそ先頭に立って上の者がやるべきなんだ」と便所掃除の初日、監督はたわしと雑巾を持ち手本を示す。運転手役は礼儀や言葉遣いなど気配りの修養になる。監督室を毎朝訪ね、その日の練習や試合のオーダー編成といった意見を申し述べる。

    多くの逸材を輩出する名門で星野仙一さんは主将を務めた。熱血指導で島岡イズムの薫陶を受け、野球人の「原点」を学び、「指導者としての哲学」を培った。「厳しさと激しさの中でこそ人は伸びる」。著書「勝利への道」で「オヤジさん」と慕う師の姿に自身を重ねた。

    闘志むき出しでマウンドに立つ「燃える男」、チームを率いて栄光に導いた「闘将」は鮮烈な記憶と球史に大きな足跡を残して永逝した。プロ野球楽天を日本一の座に押し上げ、東日本大震災の被災地に元気をもたらした「本気の男」は天上で、恩師と何を語らっているか。

    …………

    正平調 1/7

    中日のエース時代、星野仙一さんはけがに苦しんだ。痛めたひじが、あるとき赤くはれ上がっていた。聞けば、ハチにわざと刺されたのだという。

    ミツバチの針に刺されたら血行障害が治る。そう聞いてハチをピンセットでつかみ、ひじに当てたのだと。投げて勝つことに命をかけた男の執念だろう。本人からの告白談を、野村克也さんが後に明かしていた。

    突然の悲報である。星野さんが70歳で急逝した。“燃える男”と“闘将”と。二つの異名がこれほど似合った人をほかに知らない。語るべき評伝はあまたあるのだろうが、ふと頭に浮かんだのがハチの話だった。

    阪神の監督時代には、「あしなが育英会」のステッカーを選手のヘルメットに貼ることを提案している。震災や病気で親を亡くした子どもたちを支援する同会には、ステッカーの効果で寄付の申し出が相次いだ。

    〈人の半分は後姿です〉。昔の広告コピーを思い出す。けがと勝利の重圧に独りもがき、未来ある子どもたちにはそっと手を差し伸べる。華やかな舞台の陰で見せた、星野さんの後ろ姿に教えられたことは多い。

    18年ぶりの阪神優勝で関西を元気づけてくれた人である。ありがとう。天上へ旅立っていく背番号「77」に、今はまだほかの言葉が見つからない。

    …………

    滴一滴 1/7

    「燃える男」と呼ばれた星野仙一さんは倉敷市水島で生まれ育った。「私の闘志を培ったのは、田舎者で、決して野球エリートではないという自覚によるものではないか」。そう著書に記している。

    工場の技師だった父は星野さんが生まれる前に病死した。母は工場の寮母をしながら3人の子どもを育てた。「周りの人を大事にしなさい」。それが母の口癖だったという。

    負けん気や親分肌を示す逸話は子ども時代から事欠かない。けんかの強さで知られ、理不尽な上級生には一人で向かっていった。一方、後輩や仲間の面倒見はよく、小学6年の時は難病で歩けない同級生を背負って登校した。

    野球をするように勧めたのは母だった。体が大きく、気の強い息子が横道にそれないよう、心配してのことだったという。高校時代、甲子園出場はかなわなかった。その悔しさが「今の自分をつくった」と語っていた。

    野球人生を振り返り、自らを「幸運な男」としばしば称したが、幸運は逆境に耐えてこそ手にしたものだろう。中日の監督時代には、妻が白血病で亡くなる試練もあった。

    昨年11月には帰郷し、野球殿堂入りの祝賀会で見せた笑顔を覚えている人も多かろう。突然の訃報を信じられない思いで聞く。1年半前から闘病中だったという。最後まで「星野仙一流」を貫いた、その強さを思う。

    …………

    地軸 1/7

     悲報に涙を流す市民の姿があった。ありがとう―。東北の地から寄せられるたくさんの感謝の言葉に、その存在の大きさを改めて知る。

     球界の「闘将」星野仙一さんが、人生のグラウンドから去った。楽天の監督就任1年目に、本拠地が東日本大震災に見舞われた。闘志むき出しのプレーと采配で沸かせた「燃える男」は、被災地を思いやる「情の人」でもあった。

     避難所を訪ね、災害臨時ラジオで共に乗り越えようと語り掛けた。見えない明日を前にどうすべきか自問自答。諦めないで戦う姿を見せることで希望を、と誓った。

     「選手はこれまで優しさを被災者へ届けたが、今年はさらに強さを与えたい」。2013年、オープン戦で松山を訪れた際にはこう語っていた。そして、まさにその年、日本一を決めた。仙台の雨の球場で、仮設商店街で、集会所で、抱き合って涙を流す被災者やボランティアの姿が胸に残る。

     岩手、宮城、福島3県では今も1万5千人余りがプレハブ仮設住宅で暮らす。ふるさとに戻れない避難者は8万人近くいる。復興への道は、まだ遠い。

     福島県南相馬市では先月末、津波に耐え、住民の心のよりどころとなっていた「かしまの一本松」の命の灯が消えた。だが、そのそばには一本松の種から育てた苗木が植えられるという。希望の光は受け継がれる。「諦めない」星野さんの思いもまた、人々の心を照らす光となって、つながれるに違いない。

    …………

    小社会 1/7

     安芸市があれほど熱狂に包まれた日々がかつてあっただろうか。星野仙一さんがプロ野球阪神の監督に就任した2002年の春。キャンプ地タイガースタウンのにぎわいは今も語り草である。

     

     安芸球場は観客が1万人を超える日が続き、市内のホテルや旅館は報道陣で満杯。このため周辺の駐車場で車中泊する県外客が続出した。球場前のコンビニエンスストアの売上高は全国の系列店の中で上位を記録。

     

     商店街は監督の名前にちなんだ千一円セールを展開した。商品や宣伝に知恵を絞って売り上げを伸ばすなど波及効果はすごかった。「闘争心を燃やせ!」「もっと元気出せ!」。グラウンドに響く激しいげきに、市民まで奮い立たされているように感じたものだ。

     

     星野阪神になってから、安芸キャンプが縮小されるといった残念なこともあった。それでも低迷久しいチームを03年にリーグ優勝させている。言うことは言うが結果もしっかり残す闘将だったと、訃報に接して改めて思う。

     

     楽天の監督だった13年には日本一に導き、東日本大震災の被災地を盛り上げた。東北だけじゃない。夢を諦めず、挑戦し続ける姿勢に、どれだけ多くの人が勇気づけられたことだろう。

     

     星野さんが再び阪神監督となり、安芸球場に立つ姿を想像する。「うつむくな!」「元気を出せ!」。疲弊が進む地方で暮らす一人として、背筋をぴんとさせるあのげきをもう一度聞きたかった。

    …………

    水や空 1/7

    私事にわたって恐縮だが、長崎に生まれ育ったのになぜか「寝ても覚めても中日ドラゴンズ」という熱狂的ファンを身内に持ったせいで、「燃える男」の活躍にも派手な言動にも、知らず知らず目や耳が向いた気がする。

    新春の夢を思い描く松の内に、好きな言葉は「夢」という星野仙一さんの早すぎる訃報を聞く。70歳。中日と阪神をリーグ優勝、楽天を日本一に導いたのだから「闘将」という前に「名将」と呼ぶべき人だろう。

    阪神を引っ張ったころのオフ中、ベテランの多くを自由契約にして“血”を入れ替えた。非情と呼ばれたその裏に「何としても勝つ」の信念が張り付いていたとすれば、ああ、やっぱり「闘将」なのだと思い至る。

    プロ野球にげきを飛ばしたことがある。「必死でやってくれたらいいの。ホーム(本塁)でさ、バーンとぶつかって、けんかになるでしょ? それでいいっていうの」

    何かと無理はせず、ほどほどに、角を立てず-と自制が重んじられる昨今、必死でやれよと叫び、必勝を期して実際に勝ってみせる人の存在が、今にしてずしんとくる。

    楽天が日本シリーズを制したとき、大震災の被災地に必死の末の「V」をささげた。燃え上がるほど熱いだけではない、苦しむ人たちの肩に温かな手を置く“ほっかほかの人”でもあったろう。

    …………

    有明抄 1/7

    現役時代は不動の強者・巨人に臆せず立ち向かった。監督となっては選手を鉄拳で鍛え、審判に激しく詰め寄る…。人呼んで「燃える男」、星野仙一さん。この“熱い血”のルーツはどこにあったのだろう。

    「お父さんがいる子には絶対負けない」「家の中でたった一人の男なのだから、いつもちゃんとして何かあったら一番頑張る」―。星野さんの小学生のころの誓いである。母親の胎内にいる時に父親が病死し、姉2人の母子家庭で育った。

    母親は工場住み込みの寮母として働き、3人の子どもを大学に進ませる。星野さんは、大学時代に母親から毎月送ってもらった書留封筒と手紙の束を、ずっと大切にしていたという。明治大野球部では、スパルタ教育で名をはせた島岡吉郎監督に出会う。

    島岡さんから「命懸けでいけ!」「魂を込めろ!」「誠を持て!」―の三つの教えを徹底的に仕込まれたと自伝『夢』に記している。星野さんは島岡さんに、知らない父親像を重ねていたのかもしれない。厳しさと愛情。それは、星野監督そのものだ。

    その星野さんが70歳で亡くなった。投手としては、意外にも146勝にとどまり、監督としての評価が高い。「若者を育てていくことは男のロマン」と語っていた星野さん。精魂込めて育てた野球人たちの中に、いつまでも生き続けることだろう。

    …………

    河北春秋 1/7

    試合に敗れた翌朝はどうしても寝覚めが悪い。采配を振ったわが身を責める。「チクショー、この野郎」。そんなとき、仙台市中心部の自宅マンションからいつも散歩に出た。「東北大の片平キャンパスから広瀬川沿いへ出て山並みを見る。これがいいんだ」

    街角では行きつけのとんかつ屋のおじさんが店の奥で開店準備をしている。鮮魚店は仕入れ魚を忙しく店頭に並べている。「『ヨッシャー』と思う。息遣いを感じて、俺、この人たちのためにも街のためにも頑張ろうって思ってくるんだよ」

    享年70、星野仙一さんの訃報に接し、生前伺った話を思い起こしている。スポーツ部に在籍していた頃、ちょうどプロ野球東北楽天の監督や球団副会長だった。沈む心を闘争心に変えてしまう「燃える男」のパワーの源は街と人であると知った。

    中日での鬼気迫る投球、中日と阪神を指揮してリーグ制覇、そして東北楽天で日本一と、まばゆいばかりの大輪が咲いた歩みのなかで、仙台での散歩はささやかな道端の露草だったか。だが、それは「俺は二流投手」と言っていた野球人がユニホームにそっと挿した花だったと思えてならない。

    露草の花言葉の一つは「懐かしい関係」という。東北で誰が忘れよう、背番号77。きょうの七草がゆは何と苦いことか。

     

    2018年1月 2日 (火曜日)

    年末年始 あれこれ

    年末年始 点描できごと, , 喜怒哀楽

    ギャラリー

    2018年1月2日


    写真日記から(平成29年版はこちら

    謹賀新年年越しそば 

    M's Zoom

    年越しそば(ムスメ)

    M's Zoom

    • ゆうちゃん
      M's Days フォト

    写真日記(平成28年版)

    • 越乃寒梅
      平成28年の
      日々の写真に
      コメントを
      綴ります

    京都日記(平成27年11月)

    • 渡月橋
      京都日記
      平成27年11月篇

    京都日記(平成27年7月篇)

    • 鱧のお弁当
      京都日記
      平成27年7月篇

    京都日記(平成27年春篇)

    • 焼き鳥
      京都日記
      平成27年版の
      春の日記です

    写真日記(平成27年版)

    • 伊達巻
      平成27年の
      日々の写真に
      コメントを
      綴ります

    日々是好日写真記

    • ハーモニカ
      860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

    Walk Don't Run

    • ユース宿泊スタンプ帳
      忘却をおそれず
      記憶を記録として
      遺そうと思う
    フォト

    BIKEs

    • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
      かつて
      バイク・ツーリスト
      だったころ
    サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想
    2018年6月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    無料ブログはココログ