2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ

2017年12月13日 (水曜日)

小芋炊く一足お先につまませて

小芋炊く一足お先につまませて

シビのフライはお子様(2歳児向け)兼用メニューからです
離乳食レシピには旨いものが多い
これもその応用かも

うちの人の要望で手帳を買いました
なかなかええ手帳です

僕は四十年近く高橋の手帳です

シビのフライ 小芋炊く 県民手帳を買う

2017年12月12日 (火曜日)

高村薫 黄金を抱いて翔べ

風の強い日でした(11日)
汽車は10分以上遅れて来て
本屋に寄ったけど
運良く乗れた

高村薫 黄金を抱いて翔べ

2017年12月10日 (日曜日)

みたらしに言葉はいらぬ冬日和

🍀 みたらしに言葉はいらぬ冬日和

師走の日曜日のひととき
一年を振り返ってじっくり考えてみようではないか

え?
何を考えるって?

自分の姿を省みるのだ

羽生善治・永世七冠
色紙には「玲瓏」の二文字を書く。
これは「八面玲瓏」の山頂から眺める澄んだ景色のことで
迷いのない心境のことだと語る。

羽生語録にはこれまで幾度も感銘を受けてきた。
だが、語録に感動しているだけではいけない。
その姿勢と眼線が大事なのだ。

写真日記から

鰹のタタキ かぼちゃ鶏そぼろあんかけ みたらし

2017年12月 9日 (土曜日)

グッと冷えたストーブを出さなあかん

十二月たてこむとせわしいです
まごっちがもう少し何事もわかるようになると楽なんやろうけど

食事はまごっち仕様のメニューが続きますけど
ときどき食べるお刺身はわたしだけがいただきます

思い切り餃子を食べたくて
30包以上作ってみんなで食べた

あくる日の朝の汽車の中では
マフラーぐるぐる巻きで俯いておりました

そんな日に限って
飛び乗った8階へのエレベータが
各駅停車で満員だったのだ

写真日記から

豚ミンチのハンバーグ サワラの刺身 餃子!

  • 見上げれば青空の雲は凍て付かない
  • 夜明け前降り出した雨の中へ朝練の高校生駆け出してゆく
  • 月はどこにそんなん知らんわ平和な布団の中
  • 暗い夜道オナラ三々七拍子
  • またニキビ左ほっぺの師走かな
  • 初霜や涙腺までも凍らせて
  • 師走なり孫の破った 障子張る

2017年12月 6日 (水曜日)

落ち葉舞う師走の風は冷たかろう

師走を迎えて本格的にいよいよ来たかと思わせる寒波と共にフォークソング「風」を作曲してヒットさせた、はしだのりひこさん死去のニュースも飛び込んできました。

1960年代の後半から一世を風靡した「ザ・フォーク・クルセダーズ」や「はしだのりひことシューベルツ」の名前を知らない人も多いかもしれません。

五十年という歴史のページをパラリと捲ってすべては過去の中にしまい込んでしまうこともできましょう。

けれども、それでは少し気が収まらないというわけで、酒を片手に音楽を聴いてあのころ・あの人を偲びました。

北山修・はしだのりひこのコンビでヒット作を放った「花嫁」も回想するなかに出て来ます。

「花嫁は夜汽車にのってとついでいくの」と歌っても何の違和感もないどころか、夢とロマンに満ちていた時代でした。

天国にはこわい神様がいて地上へと追い返されることもあったのかもしれない。

しかし今でも、「プラタナスの枯れ葉舞う冬の道」は昔と変わりなく、京都・都大路には「プラタナスの散る音に振りかえる」人が溢れて賑わっていることでしょう。師走は刻一刻と暮れていきます。

これを書き始めた日から配信する日まで、日一日と目まぐるしく変化する波のなかで、今年一年を振り返って漢字を考えたりしながら、ふっと五十年を振り返る時間が あったので、ここに覚え書きをしておこうかなと思ったのでした。

---


こんな原稿を今日走り書きしたのでここにアップします。
ごめんなさい。最終稿ではありません。僕のメモ書きです


と mixi に書いたのでここに貼っておこう
本篇は大幅加筆改変して15日頃発行します

2017年12月 4日 (月曜日)

12月はじまって土曜日(忘年会)

母校の校友会当県支部の役員会・忘年会に行ってまいりました

写真日記から

焼肉たんど

2017年12月 2日 (土曜日)

12月 始まりました

休みだから
あとでゆっくり書こうっと

写真日記から

カジキの香味焼き サンマ13号 耳あて

« 2017年11月 | トップページ

写真日記(平成29年版)

  • シビのフライ
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  •  餃子を食べる
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う