M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 小芋炊く一足お先につまませて | トップページ | 寒さ来てもウイークデイはとんとんとん »

2017年12月14日 (木曜日)

カズオ・イシグロと記憶 2017年12月13日(天声人語)

 「人間はね、ただ嘘(うそ)をつくんじゃないんです。何かを隠しながらつくんです。そして事実を直視しないようにする」。英国の作家カズオ・イシグロさんがかつて語っていた。つらい過去と向き合うのがいかに難しいか。彼の多くの作品に流れるテーマであろう▼『日の名残(なご)り』は英国の執事が一人称で語る小説だ。彼が仕えた貴族は、第2次世界大戦が終わると非難の的となる。いわくナチに通じていた、反ユダヤ主義者だった……執事はつぶやく。非難はとんでもないでたらめで、的外れだと▼しかし同時に彼の記憶から紡がれるのは、非難に十分な根拠があるということだ。事実を認識しながら、虚偽の解釈を試みる。誰にでもありうる心の働きかもしれない
(後述略)

(天声人語)カズオ・イシグロと記憶 2017年12月13日


ちょっとメモしておく

« 小芋炊く一足お先につまませて | トップページ | 寒さ来てもウイークデイはとんとんとん »

【語録選】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/66167445

この記事へのトラックバック一覧です: カズオ・イシグロと記憶 2017年12月13日(天声人語):

« 小芋炊く一足お先につまませて | トップページ | 寒さ来てもウイークデイはとんとんとん »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31