2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ぶり大根苦味が旨し六十年 ─ 飛び石連休号 | トップページ | 12月 始まりました »

2017年11月29日 (水曜日)

小芋食う師走の覚悟整うて ─ 11月が尽きます 寒さはこれから

小芋食う師走の覚悟整うて

そんな言葉を書き残し
11月28日の夜は更けてゆく

まごっちに手がかかって
小芋を炊くてが等閑になって
焦がしてしまったというが

芋の味は上出来だった

今季初の小芋(里芋)の煮っころがし
(写真はない)


11月が暮れてゆくところ

寒さは緩んだり厳しくなったり
仕事に行けば(月曜が始まれば)
日記はまとめ書き

日曜日には
ブリと鯖を食べて
月曜日は思い出してますが・・・あらら
と考えて思い出したのは肉じゃが!

火曜日にはシャケを食べる

写真日記から

11月28日の朝8時 日曜はサバの味噌煮 ブリ トーマス

« ぶり大根苦味が旨し六十年 ─ 飛び石連休号 | トップページ | 12月 始まりました »

できごと・食べる」カテゴリの記事

コメント

ぽちこ さん
そうですね みんながギター弾けて 歌を歌ったのだ
歌本を片手に朝から晩まで歌ったなあ

そのあと今まで僕はジャズのビックバンドのメンバーをずっとするのですけど、仲間たちはあの頃のことが懐かしくて、ジャズバンドが急にフォークバンドになったりマーチイングをし始めたりするんですよ

音楽は一つなんですねーー

そっかー
たくろうの時代の人なのだ。共鳴するねえ

「地下鉄に乗って」も「雪」も知っていますよ~。拓郎さんらしい曲ですよね。私が中学か高校のころだったと思います。楽譜の載ってる月刊誌を買ってフォークギターを弾いていました。のどかな時代でしたね。

ぽちこさん
読んでくださってありがとう
でも僕はこの仲間たち同じ大学に進むはずで下宿に入ったのですが、訳あって別の大学に別の地下鉄に乗って通ったのでした。
(大きな問題ではないのでさらりと過ごして)
でもその地下鉄は「猫」といグループが「雪」というフォークソングで有名にしてくれましたけど。
(訂正、歌は「地下鉄に乗って」だったかな)

神田川は懐かしいです
四十年も前になりますが、僕の記憶はあの頃のままですね。
今とは全然違う学生気風でした。
子供に伝えられないのが寂しいです。

能生館、拝見しました。私の兄がねこさんと同じ大学に行っていたとき下宿に泊めてもらって東京見物したことがあります。6畳の部屋でした。代田橋って所だったような・・・パンダを見たり美術館に行ったり、渋谷のロゴスキーに連れて行ってもらったりしました。私は大学に行っていないので下宿とかキャンパスとかって憧れましたね~。かぐやひめの神田川の世界ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/66099944

この記事へのトラックバック一覧です: 小芋食う師走の覚悟整うて ─ 11月が尽きます 寒さはこれから:

« ぶり大根苦味が旨し六十年 ─ 飛び石連休号 | トップページ | 12月 始まりました »

写真日記(平成29年版)

  • シビのフライ
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  •  餃子を食べる
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う