2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 「羽生善治の名言」が目に止まる | トップページ | 十月中旬篇 その2 »

2017年10月15日 (日曜日)

柴漬けを食うて酸っぱき人生思う ─ 鴻雁来〜菊花開  十月中旬のころ

鴻雁来(こうがんきたる)
八日から十二日 ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくるころ
雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていく

菊花開(きくのはなひらく)
十三から十七日 菊の花がさくころ
菊には不老長寿の薬効があるとされ、重陽の節句(旧暦9月9日)には菊の花を酒に浮かべた菊花酒を飲む風習がある

暑さが戻ったと思えば寒さがきたりする日々である

柴漬けを食べれば酸っぱい人生思う

誕生日でした 誕生日に柴漬け食べる サンマ7号 井村屋感謝デー
写真日記から

M's Zoom

« 「羽生善治の名言」が目に止まる | トップページ | 十月中旬篇 その2 »

できごと・食べる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/65918833

この記事へのトラックバック一覧です: 柴漬けを食うて酸っぱき人生思う ─ 鴻雁来〜菊花開  十月中旬のころ:

« 「羽生善治の名言」が目に止まる | トップページ | 十月中旬篇 その2 »