2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 七月中旬 京都篇 | トップページ | ともだち »

2017年7月14日 (金曜日)

あらっ!と思うような話(する母のこと)

母は八十六をまわってから「あらっ!」と思うような話をはじめることが増えたような気がする

「あらっ!」という話とは、恥ずか(羞・辱)しい話もあれば、ぐっと我慢をしたむかし話、(今ではもう叶わぬことのないような)諦めていたこと、(長い人生で)どうでもよかったこと、悲しい話、嬉しい話、悔しい話、さらにはフライデーに載るような田舎版の話などがある

わたしたちは何でも話す親子や家族であった

毎日の学校での、喩えて言えば初恋の秘密な話さえも、家庭の団欒で話してきた家族だ

それもさすがに話せなかったことが幾つか母にはあったのだ

子どもには言えない話であったのかもしれないし

大人の醜い話だったのかもしれない

今思えば

何でも話す家族であっても逆説的に言えないことがなくてはならない

それが普通であるならば

今になって話してしまえば随分と楽になったのではなかろうか

長い年月が過ぎてゆく間に家族の中で

必然的でごく自然に封印されてきたことだったのだろう

それを開封するのだ

これは特別な儀式と似ているし

余命の予感をも連想させる不吉なものかもしれない

だからぶっ飛ばして

笑い散らして

ケラケラと流してしまいたいとさえも思う

母のむかし話を

わたしが日記に書きとめようとすると

とてもヒヤヒヤもんの日記になる

« 七月中旬 京都篇 | トップページ | ともだち »

増殖する(秘)伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/65534965

この記事へのトラックバック一覧です: あらっ!と思うような話(する母のこと):

« 七月中旬 京都篇 | トップページ | ともだち »