2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 鞄の中身 | トップページ | 柴崎友香 春の庭 »

2017年6月10日 (土曜日)

梅雨入りのころ Ⅱ

梅雨入りのころ」という日記を
増殖版にさらさらと書いて
梅雨の合間の晴れ間に
歩きに出かけてみる

日差しがきついのだけど
焼けるような暑さではないので
爽やかに散歩が愉しめる

木陰がとても気持ち良い

9日の夜には孫が来て
家の中が色々と忙しい

しゃべっているらしいのだが
全く言葉になっていないので
さっぱりわからない


梅雨入りのころ

写真日記(平成29年版)

庭のドクダミ 庭の紫陽花 鯵とシュウマイ 来来亭

5日に誕生日をお祝いして
そのあくる日は仕事に行き
水曜日から木曜日金曜日とお休み

その水曜日に梅雨入りとなった(6月7日)

🍀

水曜日にはオンワードのバーゲン(@名古屋駅前)に出かけて
その帰りに通勤用のカバンを買った

廃棄となるカバンはムスメが生まれた直後に買ったもので
大阪や九州や東京への出張にも持ち歩いたが
およそ30年近くも使い続けてここで終わりにすることにした

🍀

いい思い出ばかりではない
さっさと捨てればいいのだ

新しいカバンはポケットマネーで買えるようなものではなく
貧乏暇暇のぼくには高価なものだ

多分死ぬまで持ち歩き続けることになろう
死ぬまでのらりくらりと働き続けることができるのか

🍀

8キロほどもある1歳3ヶ月の子どもを抱いたり手を引いて歩いたりしながら
1日を過ごしたせいか あくる日は少し横になりたくなった
昼過ぎには元どおりになってきたけれど
抱っこはしんどい

11月にもう一人生まれるので
母はそろそろ抱っこができなくなってくる
この子も試練のときを迎えるわけだが
(本人は暢気だけど)

🍀

梅雨入りして一日雨が降って
庭にもたっぷりと水が染み込んでくれたところで
晴れ間が戻ってきて
家のなかに干した洗濯物を外に出して
二人で買い物に出かけた(木曜日)

寿がきやラーメンでも食べようと言っていたのだが
勢いがちょいとついて
近くにできた来来亭にまだ行ったことがないので行ってみようとなった

鶏ガラのスープだそうで、醤油味の辛めのスープだった
ネギがどっさりと載っていて少し多めにリクエストもできるそうだ

🍀

金曜日はコタツの敷布団を丸洗い
朝から洗濯3連発である

最後がコタツの下敷の布団で
結構大きい2畳か3畳くらいある

コタツが大きいから敷布団も大きい
物干し竿を1本を丸ごと占領してしまった

日差しがけっこう強いので
歩きに行くのは日の暮れのころにしようかな

🍀

雨上がって
今夜は満月だそうです

« 鞄の中身 | トップページ | 柴崎友香 春の庭 »

増殖する(秘)伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/65394259

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りのころ Ⅱ:

« 鞄の中身 | トップページ | 柴崎友香 春の庭 »

写真日記(平成29年版)

  • おでん
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 手編みのコースター
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う