2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 柴崎友香 春の庭 | トップページ | かき氷 »

2017年6月14日 (水曜日)

挨拶をする - 6月中旬の或る日に考えていたこと

挨拶をする

むかし席を並べて仕事をした人で 

いつも昼食のときに会う人がいて 

その人の隣で必ずいつも並んで食べている人が 

ぼくと同じ駅から毎朝列車に乗ってくる人だと 

偶然わかった 

乗り降りする全員の顔を記憶している程度の小さな駅で 

毎朝会う人で同じ職場の人ならば 

挨拶をするのは普通のことだと思って 

近所の人だと知ってからは 

努めて声をかけるようにしていたのだが 

いつのときもすっきりとした応答がなかったので 

そのうちに声をかけなくなってしまった 

先ごろ、ふと帰りの列車で 

その人を見かけて 

帰りにも同じになることがあるのだと知った 

降車駅が近づいてきて 

列車がブレーキをかけ始めたときに 

ふと周りを見渡すとその人は 

深く倒れこむように眠っていた 

お疲れなんやな と思いながら 

ワンマン列車の後部から運転席の方へと 

移動してゆくときにそっと見ても 

彼は眠ったままだった 

彼は列車が止まっても眠ったままであったが 

ぼくは声をかけなかった 

1時間に1本くらいの割合で 

この駅に列車がやって来ることになっているのだから 

列車はこの先の駅まで行って戻ってくるか 

又はすれ違う列車が向こうからそのうち来るだろう 

彼はふだんから声をかけても
振り向きもしない人なんだから
ぼくの方から声をかけて
わざわざ起こしてしまっても
気に召さないかもしれない 

列車がブレーキをかけ始めてからも 

ぼくは彼のことが気にかかり 

しかしながら 

何度もためらないながら 

この選択が一番正しいと思い続けた 

田園風景

写真日記(6月中旬号)

列車を降りてからも様々なことが頭に浮かぶ

近所で地域の自治会に加入するのを断った人があって

1ヶ月に千円で1年に12千円の自治会費用を渋って

ゴミ出し料金を1年で1万円払っている人がいる

その家族のことを考えながら一般論を考え続けた

あのご家庭は何故に

自治会に加入するのを嫌がったのかは計り知れないが

もしも何か災害や災害に伴う避難勧告や事故等での断水、交通障害

さらには子どもたちの予期せぬ災難や事故などの非常事態などが発生しても

自治会はお隣さんなどの隙間に挟まれた家であっても

自治会に参加せずに独立して社会に参加している人には

手を差し伸べるにしても優先度が大きく遅れることになるのではないか

例えば

給水車が運んで来る水を優先度をつけて配ることはしたくないけど

せざるを得ない状況も発生するかもしれない

🍀

そんなことを心配しながら

誰も歩いていない田んぼ道であっても

どこかの誰かのおかげでこうして安心に暮らしているのだと

ささやかながら気がつくのだ

« 柴崎友香 春の庭 | トップページ | かき氷 »

増殖する『新・裏窓から』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/65409920

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶をする - 6月中旬の或る日に考えていたこと:

« 柴崎友香 春の庭 | トップページ | かき氷 »