2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

« 四月尽きる | トップページ | 八十八夜に考える »

2017年5月 1日 (月曜日)

男のひといきから

男のひといきから

新聞を切り抜いて

読み終わったから

捨ててしまおうと

そんな風にはできずにあるひとつの記事がある

------------

(男のひといき)91歳、母の切ない涙

2017年4月2日05時00分

我が家の隣に1人で住む91歳の母は週3回、デイケアに通っている。「デイケアなんか行かないよ」と言っていたのがウソのように、楽しそうに迎えのバスに乗り込む。

体がスムーズに動かなくなってきても、リフォームして便利になった台所に立ち、食事は自分で作っている。「兄弟姉妹の中で私が一番長生きだ。いつまで生きるんだろう」が口癖だ。

そんな母がある日、デイケアに出かける時に「左ひざの後ろが変だ」と足を引きずり、看護師さんの肩を借りて帰ってきた。夕方、私が様子を見に行くと、電気も付けずに薄暗い部屋のベッドに腰掛け、泣いていた。どうした、と聞くと「私は早くお迎えに来てほしいのに、なんで来ないのか」と言う。

翌日、医者にかかると、ひざに水がたまっていると言われた。それを抜いてもらうと、次の日には1人でゆっくりと歩いていた。その姿を見て、ほっと胸をなで下ろした。

歩けない自分に自信を無くして涙が出たようだが、母の言葉と涙は、私にとっても「切ない体験」だった。そばで見守ることしかできないが、家族とともに母に寄り添い、不安を少しでも和らげてあげたいと思う。

(山口県下関市 竹内清二郎 無職 68歳)

« 四月尽きる | トップページ | 八十八夜に考える »

増殖する(秘)伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/65229920

この記事へのトラックバック一覧です: 男のひといきから:

« 四月尽きる | トップページ | 八十八夜に考える »

写真日記(平成29年版)

  • 大福餅
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • チキン南蛮
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う