フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« そう言うわけで 絲山秋子「離陸」を | トップページ | 花曇り 日記は書きかけでも平気です »

2017年4月19日 (水曜日)

いよいよ夏に かけがえのない夏になりそうで

近頃は特に何も変わったことをしてきたわけでもなく
絲山秋子の「離陸」を読み始めたくらいですね

読書を始めても
集中して連続的に読み続けられなくなって
一冊を読み切るのにとても時間がかかる

目は人並みよりもはっきり見えている方で
メガネも今の所日常程度の読書では不要で
幸いと思っている

寝床で本を読むときは少し暗いせいもあって
多分どちらかの目が霞んで見えていないままで読んでいるのだろうと思う

だから、集中力が途切れてきて
一生懸命に先まで読み進もうとする力が尽きてくるのだろう

18日の夕方にツマが
今日母子手帳をもらってきたっって
とムスメからの電話の話を教えてくれた

  • 土砂降りは明け方にすーっとやんでゆく
  • 何か考え事をしているようにじっと定まらぬ視線
  • 17日の午後は春らしい雨降りになって
    たっぷりと地面は潤ったに違いない

    夜中まで降ったようで
    朝に雨が上がった時の静けさってのは
    グランディオーソの最後のフォルテシモがストンと終わったみたいに
    シンとしていた(18日・火曜日)

    • 雨あがるその瞬間に音がする posted at 05:46:51

    暑いのは嫌い
    だから だっ嫌いな夏がくるのだと思うと
    少しムカッとする

    お昼の弁当パック シャケと鱈

    写真日記(4月中旬号)

    « そう言うわけで 絲山秋子「離陸」を | トップページ | 花曇り 日記は書きかけでも平気です »

    増殖する(秘)伝」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ夏に かけがえのない夏になりそうで:

    « そう言うわけで 絲山秋子「離陸」を | トップページ | 花曇り 日記は書きかけでも平気です »

    サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想

    最近の記事

    2020年5月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    フォト