2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その16 | トップページ | 「千夜一夜」の物語の 言葉の解析 »

2016年12月28日 (水曜日)

師走の読書ノート

ゆっくりと
年末年始を
過ごそう

恩田陸 蜂蜜と遠雷
島泰三 ヒト―異端のサルの1億年
島泰三 孫の力―誰もしたことのない観察の記録
島泰三 親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その16 | トップページ | 「千夜一夜」の物語の 言葉の解析 »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

☘こはるさん
お立ち寄り ありがとうございます
読書は気合でという今日この頃です
老眼と集中力欠乏がかさなって遅い遅い
3冊も借りて大丈夫?じゃないです
電車の中が一番進みますが あんまし電車に乗る機会がない1月ですからね

⭐️孫の話
孫がある人、特に5歳以下の孫がある人は 面白いと思います
なるほどと頷きながら読めます

孫がこれからの人は ピンとこないかもしれません

どこまで頑張って読めるかな
もう頑張るという言葉はどこかに置いてきてしまったしなあ

島泰三さんの本が3冊もありますね。
「ヒト」以外の感想を、ぜひうかがいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/64689831

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の読書ノート:

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その16 | トップページ | 「千夜一夜」の物語の 言葉の解析 »