2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

« ひとり旅がブーム | トップページ | 誕生日 with ノーベル文学賞(ボブ・ディラン) »

2016年10月12日 (水曜日)

十月上旬日記 寒露篇 

早いものでもう10月に突入し、寒露(8日)も体育の日(10日)も過ぎて、 もはや本格的な秋が到来しています。

 秋風や絵の具の皿に赤を置く  
 建礼門院の墓かたぶきて秋の猫  蔵前幸子

こんな俳句に刺激されて、10月の連休にはちょっと出かけて歴史街道などをトレッキングしてきたいなと考えていたのですが……ところが、季節はずれの気温変動はジェットコースターのように烈しく上下しまして、 真夏日が来たかと思えば冬布団を大慌てで出す日があったりと、体調を管理するのに四苦八苦でした。

そのせいで?風邪の症状をフルコースで堪能することになりまして、3日のお昼頃から微妙な異変が現れ始めました。

最初は胸の奥の方が痛痒く喉の奥が爛れているような心地の悪さが出ます。次に、微熱ながら身体がだるくて唾を飲み込むと痛みがあるようになります。このころが二日目から四日目の頃です。仕事も二日続けて休み早く治そうと努力をするのです。

しかし、歩くと目眩のような症状が出て咳も出て喉が激しく痛く、夜には鼻も喉も詰まったように(イビキを伴い)唸りっぱなしと言う日が来ます。五日目から七日目あたりのことでそれがちょうど三連休にあたりました。連休でしたので安静にしていたこともあって諸症状は治って、次第に喉ちんこの付近の軽い痛みとせいぜいとした呼吸と時々出る咳と痰に悩まされる程度に沈静化して来まして、八日目九日目の頃には鼻水が出て詰まるという症状が加わっています。でも、喉から胸の方にかけての苦しみが随分と快方に向かっているので、椅子に座って静かにしてればほぼ平常な状態です。それでも少し耳の奥がブクブクといっていて、作業にトチリとかがまだまだ発生しました。

そして、いよいよ風邪も十日以上の長期戦の模様となってきました。

と言うわけで、3連休の少し前から明けた後も、連続的にゴホゴホとしています。寝込んでいる間には、おとなしく自室の小窓から冴えない空模様を見あげておりました。

写真日記から

生姜焼き(アレンジ) 松阪肉こま切れ

メルマガ書かなきゃというわけで、あとがきを少しばかり控えに残しておきます。

10月になると小中学校の運動会、町の運動会や体育祭がありました。小学校の運動会には家族が全員がやってきて応援をしてくれました。まだまだ大家族が多かったので、観客席は大声で応援する家族の姿でとても賑やかでした。 そして、昼休みには筵を敷いた家族の控える席で、まるで遠足にでも来たように楽しくお寿司や果物を食べたりしました。

柿や栗は農家で収穫できるふつうのご馳走でした。さらに、運動会には待ち遠しい果物がありました。それは早生の青いミカンです。あの青いミカンは美味しかったなあというのが小学校時代の華やかな思い出です。

きっと青いミカンは、台所を預かる母にすればそれなりの贅沢だったはずですが思う存分にぱくぱくむしゃむしゃと食べました。

東紀州は温暖な気候に恵まれ、四季を通じてさまざまな種類のミカンが採れるので、今では「年中ミカンが採れる町」と言われて有名になっています。 そんな地域に恵まれているからでしょうか、やはり、この季節になりますと一足先にミカンを食べたくなります。

食文化というのは、無意識のなかに驚くモノを秘めています。いくつかの都府県に暮らしたあとに三重県に戻ってきて、そのポテンシャルに驚くことが多いです。秋は大好きな季節です。

とまあそんなようなことを考えてみたりしながら10月の上旬は過ぎていったのでした。

« ひとり旅がブーム | トップページ | 誕生日 with ノーベル文学賞(ボブ・ディラン) »

増殖する(秘)伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/64337751

この記事へのトラックバック一覧です: 十月上旬日記 寒露篇 :

« ひとり旅がブーム | トップページ | 誕生日 with ノーベル文学賞(ボブ・ディラン) »

写真日記(平成29年版)

  • 長芋
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • 帽子が編みあがったという知らせ
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う