2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

« 大型連休は終わります | トップページ | 宮下奈都(その1) 羊と鋼の森 に少し触れたので »

2016年5月 9日 (月曜日)

母の日に考える

母が亡くなって1ヶ月。

まだふわふわとしていて、受け入れられない自分がいる
すい臓がんだった
10時間に及ぶ手術も経て3年という歳月。
死ぬ間際まで痛がっていたのが心残りだ
3人兄弟で自分だけが年の離れた末っ子で母とはウマが合わない気がしていた
母は上の二人が好きなのではないかと今でも思う
きちんと悲しめないのが哀しい

♠♠♠♠

短くまとめましたがそんな内容の日記でした。

母の日のころにこの日記を私は読みました。
そのあと、いろいろと思うことを書きとめていたのですが
なかなかまとまらない。
私の心も揺れるからまとまらないのだろう。

母の日とは、母に向けて感謝を表し何かを伝える日なのだが…
しかし、周りを見渡せばそれだけではない日を迎えた人も多いかもしれません。
この日記のようにちょうど1ヶ月前に母を亡くした人がある。
読めばあれこれと考えます。

1ヶ月間、心を痛めたことでしょう。
すい臓がんと診断を受け3年の余命宣告の予告の通りに亡くなっていった人でした。
最後まで痛みが消えず苦しいのは、後に残る人には分かち合ってあげられない。
年が離れた一番下の妹の自分だけが母とはウマが合わなかったように思い続けている。

子を思う母が年の離れた3人目の子が上の兄弟よりも好きになれないというような感情が存在するのだろうか、私には言及できません。
家庭の事情や生い立ちや血族の歴史なども絡み合うのかも知れませんし。
でも、意識をして好きになれないことができるかというと、そんなことはないと思います。

それぞれの事情やそれらを取り巻く感情の起伏や程度までに及んで私が感じたことまでお話しすることはできません。
でも、考えざるをえないこともあります。

ヒトはいつか必ず死んでしまいます。だから死んでしまうのを拒否してしまっては辛いのです。
受け入れるのは辛いのですが、死んでしまっても、気持ちを整理して、振り返ってやることが一番の弔いになると私は思っています。
亡くなって月日が過ぎてから、その人が生きていた頃のことを、生き残った立場から振り返ることが大事だと思います。

死んでプツンと切り捨てることができるのは、全くの他人か知らない人か無関心な人かくらいのものです。

だから、亡くなったあとにも何度も何度も思い出して偲びながら、既に居なくなってしまったその人ともう一度対話をするような気持ちが必要だと感じています。

逝ってしまった人のなかには、はさぞや悔しい思いを残していった人もあるでしょう。
いいえ、満足でしたという人もある。

突然で何も考える暇がなかった人もあれば、死ぬことと向き合い想像を絶するほどのことを考え続けていた人もあると思います。
形にならない思いを日夜胸に蘇らせて、その心の奥にあるものを誰かに伝えたかった人もあるだろう。

もしも私が、数年後に死ぬ宣告を受けたなら、既に言い残すことはおよそ整理をつけてきたはずですが、日々脈々とその思いが湧き上がると思います。

しかし、言葉にはできないし、諦めも伴うでしょう。
無力感が襲うかも知れない。
言いたいことの1%も形にできないまま死んでいくのだろうと思います。

生きていたときのことを振り返り、話した言葉のひとつひとつや何かをしたあのときの動作、顔色、喜び方、哀しみ方に始まり、口癖、仕草、好き嫌い、など、あらゆるものを手がかりとしてその人を蘇らせようとするのです。

でも、死んで、その人は居ないのです。

完璧に知っていたつもりの人であっても、あれこれと考えるうちに、あるいは誰や彼やが偲んで語るのを聞くうちに、死んだあの人のことなどそれほど知らなかったのかもしれないという錯覚さえ浮かんできます。

でも、私が一番よく知っていたはずだという確信。

その確信を不安定ながらも大事にして、日々生きていたころのその人を考え続ける。答えなどは出ないし、真相も知ることができないまま、弔う日々が続くのです。

人の心の熱さにはそれぞれありますから、過激にも熱くなることなく
(でもたぶん忘れることはないと思いますが)
緩やかに自分の人生の中に融け入れさせてしまう人もありましょう。
それはそれでまったく悪いことではないと思います。

自分が死んでしまうときまでずっとその人との対話が誰も知らない形であれ続くのだろうと思います。

私の場合、20年近く前になくした父ですが、年々、哀しくなってきますね。
あの人に迫り近づいてきた証だと喜んでいます。
もうすぐ同じ年になります。

« 大型連休は終わります | トップページ | 宮下奈都(その1) 羊と鋼の森 に少し触れたので »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/63635899

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日に考える:

« 大型連休は終わります | トップページ | 宮下奈都(その1) 羊と鋼の森 に少し触れたので »

写真日記(平成29年版)

  • 大福餅
    Days29
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

M's Zoom

  • チキン南蛮
    M's Days の
    フォト日記
    ぼちぼちと

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う