フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 拗れる、拗ねる ─ 月のはじめに考える(その続き) | トップページ | 大雪が過ぎてトントン水木金 »

2015年12月 8日 (火曜日)

冬眠をする ─ 大雪篇

7日は大雪

それほど寒くないなと思っていたのだが 大声で さむ~い と叫んでいる子がいたので 一生懸命に歩いたわたしだけが寒くなかったのか

廊下からデスクに入り込むときに天井の送風口から なま温かい風が顔をさするように吹きつけた

外は冷たい風が吹いている

大雪の日 つぶやきを拾ってみる

夢のなか好きだと言って 逃げだすの
12-07 08:25

大雪や赤いセーター追いかけて
12-07 08:26

追いかけて遮断機くぐる月曜日
12-07 08:27

母は七十一年前のきょうの地震の日の思い出を話してくれたことがあります。終戦前のころの正月前で 麦踏みをしていた と言っていたかな。今度もう一回訊いてみよう
12-07 23:27


母が話してくれたむかしのことを単に物語や出来事として聞くだけではもったいないと歳を食うに従い切々と思う。平成10年に逝ってしまった父の話もわたしに話してくれたときの年齢を越えるころになって初めて心に響いて届く。

母は正月があけたら八十五歳になる。わたしはこの歳まで生きていないだろう。祖父も父も短命で六十五歳、六十六歳で逝っている。生まれながらにして内臓が丈夫ではないのだから、よく頑張ってもそのころまでか。あと、7、8年ほどの勘定になる。

冬眠なんて そんな甘っちょろいこと言っていたら時間がもったいない。

7日は月曜日で大雪。それほど寒く感じなかったのだがあくる日の8日の朝は少しピリリと寒かった。

太陽はは地平線の下にあって東の空が赤くなり始めたころに霜が降りた真っ白の田んぼの横をコツコツと歩いて駅まで出かける。いつの間にか吐息が白くなるまでに寒くなていた。

ダウンジャケットは羽織ってみたが手袋が見当たらずカバンは幼稚園掛けをして手はポケットに入れて歩いてゆく。

夜明け前 初霜ひかりごけのよう
12-08 07:02

そんなふうに書いている。本当に初霜だったのかどうかはわからない。ただ、日の出は着実に遅くなっている。

つづきはあとで

« 拗れる、拗ねる ─ 月のはじめに考える(その続き) | トップページ | 大雪が過ぎてトントン水木金 »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬眠をする ─ 大雪篇:

« 拗れる、拗ねる ─ 月のはじめに考える(その続き) | トップページ | 大雪が過ぎてトントン水木金 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト