« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土曜日)

等伯と永徳 ─ 霜降篇

10月24日が二十四節気の霜降なのにとりわけ寒くはない朝を迎えたのだが、あくる日の朝には冷たい風が吹いた。
その日(25日)は日曜日で、午前中に地区の掃除があったので団地内の街路の掃除や草取りなどをする。風が強く、道路に刈り散った草が強風で吹けてゆくほどだった。

この次の週からカッターシャツを長袖にしてジャケットを羽織って衣替えとした。
昼間でも窓を開けて風を呼びこめば半袖ではゾクッとする日がある。
ちゃんと秋になってきているのを身に沁みて感じる。

人の話では今年は秋が早いのだという。
京都の紅葉の見頃は勤労感謝の日のころだが、そのころに行けば紅葉(もみじ)は散りかけているのだろうか。

長袖に衣替えしたのはほどよいタイミングだったものの、こたつを出しても布団を被せていない。早くしないと寒くなると焦って思いながら、先延ばしにしている。

本格的な寒さがやってくれば、こたつに潜り込んでうたた寝をする。
いまはまだそんな季節ではなく、食事が終わったらそそくさと風呂に入り、布団に潜りこんで本を読んでいると、そのまま眠ってしまう。

長谷川等伯を書いた安部龍太郎の「等伯」を読み終えたあと、山本兼一が狩野永徳を書いた「花鳥の夢」を読んでいる。
トントンとは読み進まない。

2冊の本を逆順で読んだら違っていたかもしれない。

どちらが面白い本であるという話はできない。
人物においても優劣はなく、善も偽もない。

こういう本は、例えば三十歳くらいに読んだとしたらそれなりに消化ができただろう。
この年齢になって読んだら受けるものも多いが、もはや受けてもとどめることのできないものもある。

わたしの人生の見えないレールを構想するころに、数多くの人間の、その人間味に出会えていたら、わたしは違ったレールを敷いていたのだろうか。

もし、それが実現していても、正しかった言い切れるだろうか。
そんなことを考えながらゆっくりとゆっくりと二人のことを考えている。

山本兼一 花鳥の夢 安部龍太郎 等伯(下巻) 安倍龍太郎 等伯

2015年10月30日 (金曜日)

阿闍梨餅と古市庵のお弁当

すでに書いたけど

おみやげは阿闍梨餅 古市庵のお弁当

ひょいと京都へ 別邸まで

京都 ぶらり(2日目)


この二つは定番になってます
11月の中旬か下旬
連休のころにまた行こうと思いますが

2015年10月29日 (木曜日)

10月末の京都

写真日記(10月26日と27日)

おみやげは阿闍梨餅 古市庵のお弁当 バラ園 20151028img_0671 植物園 ケヤキ並木 金閣寺 高桐院

京都に行ってましたん 別邸まで

2015年10月25日 (日曜日)

冷たい風が吹き始めた日曜日

写真日記(10月25日・十三夜)

カツオ すや 栗きんとん

朝から冷たい風が吹き始めた
いよいよ冬になるのだと思うと
覚悟を決めねばなるまい

カツオ
旨かった

カツオの刺身と栗きんとん(すや)

越後桜

写真日記(10月24日)

越後桜(日本酒)

おでん種を買いに
スーパーに行って
ついでに買ってしまった

越後桜(大吟醸)

2015年10月23日 (金曜日)

八宝菜をもう一度

おゆうはん(10月23日)

10月23日 八宝菜

ムスメさんから届いた写真
かなり上手にできているのが伺える

写真日記(10月23日)

八宝菜

(わが家)

この前に失敗したので
もう1回チャレンジしました

2015年10月22日 (木曜日)

親子丼 八宝菜など

写真日記(10月21日 ─ 22日)

親子丼 ブリ 八宝菜

❏ 水曜日
週の真んなかころで
別に変わったものも食べたくないし
と思いながらお店をぶらついていたら

ブリの刺し身を発見したのでした
2パックで500円につられて
シビとブリで

他には冷蔵庫の残り物で
八宝菜となったのです
ところが片栗粉が最終段階で
在庫にないことがわかり
(インスタントが見つかったので)
酢豚風になってしまった
八宝菜(酢豚)とブリ刺身

❏ 木曜日は
あっさりしたものを食べたくなって
丼ものを願っていたわけですが
仕事から帰ったら親子丼をお願いと言われ
作るハメになります
親子丼

2015年10月20日 (火曜日)

ブリ大根 と ハンバーグ

おゆうはん(ムスメ 19日)

10月19日 ブリ大根

サンマ 11匹め と ブリ大根(むすめ)

写真日記(10月20日 わが家)

ハンバーグ

ハンバーグ

19日にはムスメさんがブリ大根
わが家はお鍋を食べていて

20日はわが家がハンバーグ
ムスメはシチューだったそうです

2015年10月19日 (月曜日)

サンマ 11匹め

写真日記(10月19日)

サンマ 11匹め

土曜日、日曜日は何してたのか
思い出さなあかん

2015年10月17日 (土曜日)

金曜日はカレー

写真日記(10月16日・金)

金曜はカレー 里芋
庭に里芋ができますの

3年ほど前に残った芋を放置していたのが原因で
去年は収穫しなかたけど
今年は掘り起こして食べることにした

母の畑の芋と区別がつかないほど旨い

つづく ▶ 里芋とカレーを食べた金曜日

2015年10月16日 (金曜日)

安部龍太郎 等伯

BOOKs(読書日記)

安部龍太郎 等伯(下巻) 安倍龍太郎 等伯

感想文を書きまして

安部龍太郎 等伯 (感想篇)

2015年10月15日 (木曜日)

朝のひつじ田

写真日記(10月15日)

ひつじ田 ひつじ田

すっかり朝は涼しすぎるくらいです

2015年10月14日 (水曜日)

カマス

写真日記(10月14日)

かます(三重県産)

県内産 カマス食う

きょうは県内産 カマス

2015年10月13日 (火曜日)

ステーキ肉を焼く

写真日記(10月13日)

ステーキ サラダとシャケ・スパ 久しぶりのステーキ

ステーキ肉を焼いて食べたのは
ほんま久しぶりでした

神無月 新月 誕生日

2015年10月12日 (月曜日)

キス

写真日記(10月12日・月祝)

ウインナー 鯛の刺身 キスのフライ キスの骨抜き中 キスたくさん

(ムスメさん夫婦が)キスいただきまして
調理しておすそ分けをいただきに

三連休は魚で終わる

2015年10月11日 (日曜日)

久保田とキリンビールでおでんを食す

写真日記(10月11日)

久保田


M's Zoomの方に書いたけど

いろいろと悩みます

暮らしは豊かじゃないので
贅沢は禁物です

それだけに
充実して
味わいたいと
あれこれ考えてしまったのだ

そうや ビールも買うたぁったのです

キリンビール

2015年10月 8日 (木曜日)

木曽旅情庵 その2 ─ 寒露のころに考える【寒露篇】

写真日記(10月8日)

寒露
 焼き魚寒露の宵を悠々と
 10匹め寒露の宵を記念して

サンマ10匹目


木曽旅情庵ユース(YH) ─ 十月初めに考える

考えてみれば
失うことの連続であり
人生の第4コーナともなれば
新しいことなど
もうこれ以上に起こらない

旅情庵という宿へは
もう行くことはなかっただろうが
営業をやめてしまったことは
わたしの旅のひとつのカテゴリーに
ピリオドを打った

旅情庵に何度も泊まりに行き
信州の山々の雄大な風景や
目がさめるような秋の紅葉を目の当たりにし
大きく息をを吸って
元気な自分を取り戻そうとしていたのだろう

ちょうど十月の今ごろ
地図も持たずに
新品のオートバイで
乗鞍高原へと
鉄砲玉のように
走っていったのは
1982年10月の連休でことだった

三連休の一日目に仕事が入って
不平不満の気持ちで仕事に行ったときの気持ちの
記憶だけが強烈に残っているものの
あくる日に高速に飛び乗って
何も調べもせずに
ただ信州の方をめざすという
爆発心のようなものだけで
でかけたのだ

だから地図もなければ
宿の手配もしていなかった

あれから
信州の虜になり
木曽街道や中山道に夢中になり
秋の紅葉、初夏の新緑に
食べて走って湯につかって泊まって
という冒険のような旅をしてきた

旅情庵はそんな遊びのひとコマで出会った宿で
全国数々のユースを駆けまわったなかでも
飛び抜けて贔屓にする理由を
しっかりと持っていた宿だった

風呂に入れば窓から御嶽山の峰々が見えたし
窓のすぐ下には鄙びた田舎の山畑の景色があった

宿の建物は古くて
歴史を肌で感じることのできる味わい深いもので
タイムマシンに乗って
半世紀を飛んできたような安らぎの空間だった

ねこが
どっしりと
ふつうに
静かにいて

写真もスケッチも残していないので
わたしの記憶が老化とともに過去を捨て去る

それと一緒に消えていく記憶のひとつだ

それでいいのだ


木曽旅情庵 その2 ─ 寒露のころに考える

2015年10月 7日 (水曜日)

菊水のインスタント生ラーメン

写真日記(10月7日)

菊水のインスタント生ラーメン

300円以下で売っていると買ってくる

2015年10月 6日 (火曜日)

夜は鯛

写真日記(10月6日 火曜日)

小松菜とお揚げ 鯛の塩焼き

お昼はシイラだった

▶ 夜は鯛 (昼はシイラ)

2015年10月 5日 (月曜日)

サンマ(9匹目)

写真日記(10月5日)

サンマ(9匹目)

9匹目です@おゆうはん

お昼にサンマのフライを食べていたのです

昼サンマ 夜もサンマの9匹目

安部龍太郎 等伯(下巻)

BOOKs(読書日記)

安部龍太郎 等伯(下巻)

10月4日から下巻に入りました

購入にあたって実はちょいと迷ったのだが
面白いです

大正解
下巻でも弛むことなくどんどん読めます

(感想は読み終わってから)

2015年10月 4日 (日曜日)

ハナミズキ 植樹

写真日記(10月4日)

ハナミズキ 槭樹(結婚記念)

植樹の後あと二人並んで写真を撮って
それは夫婦に送っておきました

M's Zoom

2015年10月 3日 (土曜日)

しょうが焼き

。写真日記(10月3日)

しょうが焼き


ポテトサラダもあって質素な夕飯だった。

糖分を多く含むので腎臓とか膵臓の弱い人にはポテサラはよろしくないようなことをモノの本には記している。

そういう現代社会が無性に嫌いだ。ステレオタイプ的無知が潜んでいるのが見えてくる

2015年10月 2日 (金曜日)

むかしの話 ─ 花も嵐もⅢ その85

わたしが若いころ、つまり子どもが小さいころから大人になるまでの間、わたしは色々なところに旅(ツーリング)をしてきました。そしてまずまずマメに足跡を日記に残してきました。

その日記や出来事そのものにもウチの子どもはあまり関心を持とうとしない ─ 聞こうとも読もうともしない ─ みたいです。

早い話が、父親の若いころにはどんな遊びをしていたか(またはどんな暮らしをしていたか)などということにはそれほど関心がないのです。

これは、わたしが子どものころに父親に昔の話を聞かせて欲しいとせがんだ様子とは、とても大きな違いだと思います。

こういった現象(傾向)は、昭和末期から平成に掛けての子どもたちには当たり前のようにみられることで、言いようによってはマイペースで個人主義の表れです。あまりにもこのごろになってから顕著になってきているようで、些か驚きます。

その理由を次のようにわたしは考えます。

世の中の成長曲線がなだらかになって、社会の変化率が小さくなってきたことは明らかです。不況ではありますが、安定しているともいえます。そんな日常で、何事に向けても好奇心や関心が薄れているのでしょう。

いつも何らかの形で満たされている状態で、お金があれば何でもできるという冷めた感覚が存在するのかもしれません。

自分なりに誰の影響も受けずに、ある種の平和を確保し、楽しそうなものを楽しもうという考えでしょう。受験もほとんど苦しいイメージを持たずに推薦で合格し節目は楽ちんに通過していく人が多いし、浪人という考え自体がかなり死滅しかかっているわけです。みんなのらりくらりと誰かの指導を受けて作られた道をきちんと歩む。

そうして生きていれば、これから新しい楽しみがやってくるし、それなりに夢が実現できてゆく。そう考えるのが一種の真面目な人の考えだ。そういうところでしょうか。

ですから、父親の生き方やその記録なんてのは、一種の古いスタイルであり、いわば歴史的レトロであるわけです。わたしには関係ないむかしの話だし、これから楽しむとすれば、レトロというジャンルで特別扱いになってしまう。

以前、日記のどこかにも書いたが、子どもというものは親の足跡や日記を読もうとはしないし、あまり熱心に話を聞こうとしないのは別に普通のことです。これは、50年くらい昔の子どもでも同じで、子どもとはそんなものでしょう。

それが大人になって、親を亡くしてしまうころから変化し始める人があります。

わたしに当てはめて言えば、父や祖父が(母や祖母でも)日記を遺していたら間違いなく貪るように読もうとしたわけで、何か記録に残ったものはないかと必死で探したり、老人に話を聞きに行ったりもしたのでした。

だからといって、子どもたちに先取り精神を教えてやろうというのは正しいとも言えないでしょう。若いうちから自分の一世代二世代むかしの人から話を聞きなさいな、というのも出過ぎているかもしれません。

その子がおとなになったときに、何をどう感じるかはまったく想像はつかないけれど、所詮儚いものなんですから、無理に伝える強引さはいけないのかもしれない。

調べたくなったときに発掘する資料を残しておくだけでいいのでしょう。そんな気がします。

2015年10月 1日 (木曜日)

九月が尽きて十月が始まる

写真日記(9月30日と10月1日)

20151001img_1911 サンマ(8匹目)


9月は8匹めのサンマを食べて
名月を見ながら終わっていった

何もいいことなどないのだけれど
ちょっといいことでココに書くほどでもないことならある

例えばウォーキングの途中に通過する高校のグラウンドで
陸上部の子どもたちが爽やかにこんにちはと声を掛けてくれること

こんな子どもがもう一度欲しいなあと思う ちょっとだけ
(だって育てるのに苦労するから ちょっとだけそう思うのだ)

十月の始まりは雨降りでした

そんな人生を送ってきたから
そんなことではヘコタレない

サンマが旨い
もう少ししたら
お鍋の季節やね

ウレシイのか
どうだか

早く休みが来て
ウォーキングに行きたい

結構マジで6キロを歩いてます
(傘のいらない休日)

クリームシチュー

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ