フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« シャケ | トップページ | 栗きんとん (鈴懸・博多) »

2015年8月29日 (土曜日)

サンマ

今季 初サンマ

 

写真日記(平成27年版)


初サンマあっち向いてほいで右向いて

 

お皿を買ったので魚などの和食を乗せてみたくなる。イオンの食器コーナーの棚に季節モノの器が並んでいたので思わず目が行って落ち着いた面持ちの違った形のものを二皿買った。

 

夫婦ともにサンマを食べたいと思っていてお互いがそのことをハッキリとは強調し合わない。しかし、サンマがちょうど乗る横長の皿に目がゆくと視線同士がそこでぶつかっているのがわかる。

 

その皿ではサンマしか食べられないから…という理由で万能なカタチの小さなものを買うことになったのだが、サンマをどうぞというようなあの横長の皿に刺し身ともう一品を並べて盛ってもええなあと考えたりもする。

 

夢は空想に入っていく。呑兵衛というのはロマンチストなんであろうか。

 

 

サンマは、結局のところこの皿を買った日には値段がまだまだ高くて買わずに帰った。300円の値札がついていたので200円を割ったら買おうではないかと意見が一致した。

 

スーパーのチラシに185円というのを見つけたのは今朝のことだった。更に、ツマがパートの帰りに別のスーパーで「新モノ150円」と魚屋のマイク(録音)が叫んでいたのを聞いたという。

 

夕方にもう一度その店にツマは出かけて行ってわが家の食卓に2匹のサンマが並んだ。

 

少し痩せぼしである。

 

 

« シャケ | トップページ | 栗きんとん (鈴懸・博多) »

【随想帖 二、】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンマ:

« シャケ | トップページ | 栗きんとん (鈴懸・博多) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト