フォトギャラリー(令和2)

  • 恭くん誕生日
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« GW 花も嵐もⅢ その81 | トップページ | 旅をしたカンナ街道を色褪せて ─ 立夏篇 »

2015年5月 7日 (木曜日)

京都日記 (5月5日と6日)

新・写真日記(27)

まつおか 牛しぐれ弁当

 

鶏ご飯のお弁当(京都駅伊勢丹地下) 牛しぐれ弁当(伊勢丹地下)

 

京都駅近鉄ホームにて

 

嵐山 よしむら (そば)

 

大堰川(川下り船着場・ボート乗り場)


京都日記を書いておきます。

 

3、4日と仕事に行ったので、五月のお休みは5、6日にして京都別邸へ。

 

前日が雨降りでしたので郡上八幡やら白川郷へと4、5日とで出かけたムスメ夫婦は1日目が雨となったわけですが、郡上八幡散策で楽しかったみたい。

 

(5日)

 

わたしらが家を出た5日(こどもの日)は、前日の空席情報で×があったりしてたけど当日朝にはそれほどの混雑もなった。京都駅前の観光客もあふれるほどでもなく、銀閣寺方面へのバスもそれほど長蛇の列ではなかった。臨時も出てバスの巡りは一時期より上手に処理できていると思います。

 

◎◎ハゲ天 京都ポルタ店でお昼

 

すっかりマイブームにしてしまった(といっても2度めですが)ハゲ天で千円で食べられるランチを食べていくことにした。お店の前に出しているメニューに千円のメニューがないので可愛い案内のお姉さんに尋ねたらありますよと教えてくれて「それください」と注文。運ばれ始めてあら!と思ったらサービスには2種類あって、前に食べたのは天丼だったのです。この日わたしたちが食べたのは天ぷら7品のメニュー。これだけの味で税込み千円以内はこの付近では有り難い。

 

食べ終わって、金閣寺に行こかいや高台寺もええなあ等と言いながら、とにかく家に荷物を置きに行きました。その時点でけっこう暑かったりしてぐったり。金閣寺も別にええわ(パス)となってしまいます。

 

大河内山荘のあたりでも散策してこようかとなり、再び嵐電に乗って嵐山まで行き、野々宮神社を横目に見ながら大河内山荘経由で展望台へ。ツマがヒールだったので靴擦れをしてしまいソロリソロリと歩きながら嵐電嵐山駅まで回って帰ってきました。

 

夜の9時ころにムスメさん夫婦が白川郷の旅から帰って参りまして(別邸経由で帰ることも想定していて)この日の夜は軽く乾杯などしながらオヤスミなさい。

 

(6日)

 

◎ガスト(嵯峨野店)

 

朝から帷子の辻の手前のガストでモーニングを食べてその席で話題になったのが「嵐山 よしむら」という蕎麦屋でして、お昼は蕎麦を食べに行こうということになりました。おじいさん(ツマの父)は「ここから歩いてすぐ行こうか」というような勢いでしたが、朝飯直後ということで、少し間を置いて嵐電で「よしむら」へ。

 

◎◎嵐山 よしむら

 

2時間待ちだといわれて予想通り。いったん家に帰ってもいいけど、ムスメさん夫婦が大堰川でボートに乗るというので、ボート乗り場の木陰でぼんやりと1時間ほど過ごしました。1時間1500円だそうです。

 

「よしむら」と「松ヶ枝」は同じお庭を通りまして案内されますので、夏の間はお豆腐よりも蕎麦屋で座敷を使っておられるのでしょうか。松ヶ枝というのが、お豆腐屋さんの屋号なんやろか……と思いながら、茶室のような個室に通してくれまして、お蕎麦をいただきました。

 

ちりめんごはんと天ぷらと蕎麦のセットで2千円ほど。少食の人や女性などにはひと回り小さいスケールのお膳もありました。食べるのに集中するので写真は天ぷらだけ撮っただけです。

 

◎◎豆腐料理 松ヶ枝

 

 

 

二階の座敷から大堰川、渡月橋全体がが見渡せるとても落ち着くロケーションです。お豆腐を食べに行くのは、いつも行く「嵯峨野」もいいですが、この「松ヶ枝」もええですね。ちょっと考えておこう。

 

(帰り)

 

伊勢丹地下の(いわゆる)デパ地下のお弁当と焼き鳥を買って、電車の中でお弁当を、帰宅して風呂あがりに焼き鳥で一杯、というのが嬉しいです。

« GW 花も嵐もⅢ その81 | トップページ | 旅をしたカンナ街道を色褪せて ─ 立夏篇 »

瞬く・新版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都日記 (5月5日と6日):

« GW 花も嵐もⅢ その81 | トップページ | 旅をしたカンナ街道を色褪せて ─ 立夏篇 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト