2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« おひっこし ─ 春分篇 | トップページ | 進化するものしないもの »

2015年3月23日 (月曜日)

刻一刻と過ぎゆく時間

【- Walk Don't Run -】遺す言葉 のシリーズのなかの15番目

遺す言葉 - 15

向き合うということ ─ 平成25年秋へと

に関連する話を書きます。


1年半前にお見舞いに行きました叔父が23日の朝になくなりました。直接の死因はまだわたしには届いてこない状況ですが、わたしの父が66歳、もう一人の叔父が70歳、そしてこのたび亡くなった叔父が一番弟で75歳で逝きました。

男性は3兄弟でみんな短命です。ガンなどのような手ごわいとされる病気ではなく、ごくありふれた身近に耳にする病気ばかりです。もちろんありふれた病気を軽視するわけではないのですが、早くから病気の症状を予測して対処をしていたにも関わらず、儚くも短い結果となりました。心臓が特別に弱いと言われたわけでもなく、タバコは早々に控えて晩年は断ち切っていましたし、食事の栄養配分や塩分濃度などにも気をつけている(夫婦の)対話を何度も耳にしました。

短命とは、運命でないか、とこのごろになって確信を持っています。だから、どう騒ぐわけでもないし、対応することもできない。あり余るほどに飛び交う情報を大切にして手を打つことも、それほど精一杯できるものでもない。

現在という時間が流れている一種の時空間には、地球とか太陽系が支配する時の流れというものがあり、それによって時間が定義され、人間の生命の周期という80余年の寿命・節目が存在するにすぎない。だから、運命が人それぞれである以上、周期に差異があっても仕方がないし、カラダは千差万別であるわけで寿命もそれぞれでしょう。

だから、わたしも短命の血脈をいただいているわけでして、刻一刻とそのときに近づくわけです。

« おひっこし ─ 春分篇 | トップページ | 進化するものしないもの »

【随想帖 II】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/61329555

この記事へのトラックバック一覧です: 刻一刻と過ぎゆく時間:

« おひっこし ─ 春分篇 | トップページ | 進化するものしないもの »