« シャケ(マヨネーズ+味噌)焼き | トップページ | 全力で生きてきたか »

2015年3月 1日 (日曜日)

金森敦子先生 講演会「古文書から紐解く旅人」

2月28日(土)

❏ 金森敦子先生 講演会「古文書から紐解く旅人」第5回「村送り」の光と陰

金森先生を聴きに行ってきました。
行ってよかった。会えて、質問も少し出来たし、とても満足です。


新・写真日記(27)

金森先生

おおそねうら 大曽根浦時刻表 熊野古道センター 熊野古道センター 熊野古道センターのおひさま祭り 熊野古道センターのおひさま祭り 熊野古道センター 大曽根浦ホーム まもなく紀伊長島駅 鈍行で尾鷲まで

« シャケ(マヨネーズ+味噌)焼き | トップページ | 全力で生きてきたか »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

★こはるさん

こんにちは。
金森先生は新潟県にお住いですよ。

前日午後に尾鷲市に来てもらって少し熊野古道を(センターさんが)ご案内しまして次の日にこの講演となりました。
関東方面の言葉の女性とおしゃべりするのは久しぶりで、カラッとしたテンポでビシッと解説してくださいました。

講座は連続して実施しているものでその第5回のものです。
「村送り」というおこないをテーマに解説や資料の考察をしてくださいました。

生類憐れみの令の将軍のころにこの「村送り」という義務が発生したこと、熊野古道にあったこの辺りでは他に類を見ないほど「村送り」の件数が多かったこと、「村送り」をされていく人が途中の藩で差し戻しをくらう例もあった話など、興味深い内容でした。

あの当時の人の優しさや温かさ、人間味、慈悲心で村送りをしたのだと思って聞き始めたと言いながら質問をしたら、「そんなわけないでしょ。そんな面倒なことやりたくないのが普通ですよ、生活だって苦しいんだし。」なんていうナマのお話も聞けて凄く嬉しかったです。

わあ、いいなあ。金森先生は、関西在住なんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/61220045

この記事へのトラックバック一覧です: 金森敦子先生 講演会「古文書から紐解く旅人」:

« シャケ(マヨネーズ+味噌)焼き | トップページ | 全力で生きてきたか »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ