フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 心に鬼を棲まわせる ─ 節分はチョコを食べて・立春篇 | トップページ | あっという間の5日間 »

2015年2月 7日 (土曜日)

結婚式

新・写真日記(27)

 

結婚式(お食事)

 

結婚式(お食事)


7日の午後は結婚式で、お昼前に家を出て「魚魚丸」で軽くお昼を食べてから式場へと向かう。

 

この寿司屋さんは回転寿司形式であるのだが、きちんと握っているし丁寧に魚を捌いている。寿司飯も旨い。回転寿司の良さを踏まえたきちんとした寿司屋だった。100円程度の回転寿司が流行ることを非難するつもりはないが、寿司を食う人の味覚が枯れていくのを心配するだけに、このような寿司屋にも頑張って欲しい。

 

 

式の準備時間では男の人は暇である。時間が過ぎるのを座禅のような気持ちで送るひとときを遊びながら、一時間ほど前に式のリハーサルというものをするので呼ばれて、行けばそこには二人とわたしだけ。本番さながらのリハーサルに少しウルッとくる。そのせいで本番には平気な顔をしていて、大勢の期待がかかった「父の号泣」シーンはあっけなくスカとなって、わたしとしても些か残念な気持ちもある。本当は人一倍すぐ泣く人であるだけに知っておいてもらうべきであったのだが。

 

披露宴は楽しかった。

 

食事も美味しかったしお酒も鱈腹いただいた。新婦の父はおとなしくしてなさいと注意を受けていたのだが、喋って走って撮る父をしていた。

 

燕尾服に羽根も付いていたのかもしれない。

 

 

始まりからお料理の写真を丹念に撮っていたのだが、グビグビといただき始めると走り回ってばかりだったので、写真はそれほど残っていない。

« 心に鬼を棲まわせる ─ 節分はチョコを食べて・立春篇 | トップページ | あっという間の5日間 »

瞬く・新版」カテゴリの記事

コメント

★こはるさん へ お返事
希望を感じるという力強いお言葉をありがとうございます。
わたしも30年前にそうだったように、きっと二人もガッツポーズな気分と思います。

おめでとうございます。
立春の直後、寒いけれど希望を感じるいい時期ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式:

« 心に鬼を棲まわせる ─ 節分はチョコを食べて・立春篇 | トップページ | あっという間の5日間 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト