M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 筑前煮 | トップページ | 結婚式 »

2015年2月 6日 (金曜日)

心に鬼を棲まわせる ─ 節分はチョコを食べて・立春篇

新・写真日記(27)

今年のバレンタイン 家族で食べるチョコ   今年のバレンタインのチョコ(家族用)


▼鬼は外 得体の知れないキミを呼ぶ

節分の夜に帰りの駅で鯛焼き(おめで鯛焼き本舗)を買って帰った。
ムスメさんはいつもと同じように残業で、二人で先にお夕飯を食べた。
豆も買ってあったのでストーブで煎って食べた。
子どものころは式台のところで真剣勝負の豆まきをしたものだ。

鬼なんてものは得体のしれないものじゃないのだ、と常々思っている。
おとやんと暮らした子どものころは、世界で一番優しかったであろう父(おとやん)のことを鬼の化身などと考えたこともなかった。

逝って、姿を消してしまってからは、「心に鬼を棲まわせる」と言葉にしてはおとやんを思い出す。

▼神様は春の支度で留守がちで

結婚式のあれやこれやで忙しい。
わたしは何もしないで晩酌をしながらメソメソするツマを慰めているだけである。

▼立春に残った豆を二人で食う

今月から二人で暮らす生活に戻る。
ただそれだけで変わりなし。
そう考えているのだが、どうなるのだろうか。

▼雪まじりの予報を聞きながら寝る

4日(立春)の夜には、雪予報のニュースがひっきりなしに流れた。
5日の朝は春間近を思わせるような雨降りで、それも午前中にあがってしまったみたいだ。
温かい寒の明けです。

▼水たまり雨空映して寒の明け
朝の快速に乗るときにこんなメモを残している。

« 筑前煮 | トップページ | 結婚式 »

【- Walk Don't Run -】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/61093331

この記事へのトラックバック一覧です: 心に鬼を棲まわせる ─ 節分はチョコを食べて・立春篇:

« 筑前煮 | トップページ | 結婚式 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31