フォトギャラリー(令和2)

  • たらフライとコロッケ(29日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« ハーモニカ | トップページ | 三十年という周期 ─ 小寒篇 »

2015年1月 4日 (日曜日)

餅つき

bike-tourist.air-nifty.com > Walk Don't Run (写真日記)


 

餅つき 

 

餅つき

 

餅をついて丸めているところを撮影したものが出てきたので記録しておく。
平成13年12月29日とデジタルデータには刻印されている。

 

 

このころは、母も年老いて、弟に手伝ってもらいながら餅つきはするものの、この台の上で延ばして片付けていくだけで、丸いお餅を幾つも作るようなことはしない。

 

あずきと大根おろしでそれぞれ2,3個食べるだけ、つきたての餅からちぎり取ってみんなで食べて、残りはうす餅(一般的にはのし餅と呼ぶかも)にしてしまい後で切る。

 

丸い餅より切らずに保存するほうが合理的と考えているようだ。

 

 

餅は丸いもの。そういうものだ。

 

おにぎりは三角であるし、おでんのこんにゃくは三角で、卵は丸い、トーストのパンは四角、だから、お餅は丸い。

 

丸い文化が段々と消えていくのは、高齢化も多かれ少なかれ影響している。消滅していいものとそれを許されないものと考えるかの境目も時代とともに変化する。

 

変化の速度が人の寿命と比較して著しく遅い場合は何ら問題ないし昔からも問題にされてこなかったが、人の寿命が2,30年伸びてさらに文化の変化周期が2,30年短くなったから、消滅するものを惜しむ人が増えたのだろう。

 

味に差異がないならば、形には丸か三角か四角くらいしかないのだから、巡り巡っていつかまた丸いお餅の世紀を迎える時が来るのかもしれない。

« ハーモニカ | トップページ | 三十年という周期 ─ 小寒篇 »

【随想帖 二、】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餅つき:

« ハーモニカ | トップページ | 三十年という周期 ─ 小寒篇 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト