M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« みちのくを芭蕉気取りで旅をする | トップページ | 夫婦岩の月・秋の月  ─ 立冬篇 »

2014年11月 7日 (金曜日)

鶏ごぼうごはん

鶏ごぼうごはん

秋も深まって、明日は立冬という晩に
鳥ごぼうご飯を作ってくれた。

少し前に新聞にのっていてとても美味しそうに見えて
ふたりがそれぞれで新聞を気にかけて珍しく注目をしていたらしく、
2,3日後に何かの拍子にこの御飯の作り方の話が出た。

まさに会話の中で突然同時にそのことを言い出そうとして
出会い頭の衝突のようなものだった。

そういうことはほかにもときどきあるが、
30年も一緒に暮らしていると嗜好が違っていて
今でも頑固に守っているところがある一方で
自然に似てきているというか歩み寄って新しいモノに仕立てあげているよなものが幾つもある。

新しく夫婦を始める子どもたちにこのことを言葉で説明しても
おそらく理解はしてくれまいと思いながら、
来年の春の用意を進めている二人を眺めている。

来年からはこんな質素なご飯をときどき食べながら夜を過ごすのだろう。
これからの献立レパートリーに追加されるべきとても嬉しい味飯でした。

« みちのくを芭蕉気取りで旅をする | トップページ | 夫婦岩の月・秋の月  ─ 立冬篇 »

【随想帖 II】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/60613486

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏ごぼうごはん:

« みちのくを芭蕉気取りで旅をする | トップページ | 夫婦岩の月・秋の月  ─ 立冬篇 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31