フォトギャラリー(令和2)

  • 冷やし中華(25日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 父の生命力 | トップページ | 師匠をもつ »

2014年11月15日 (土曜日)

エビ(フライの)丼 ─ 唐揚げ入り

14日のおゆうはん。

(ナイショですが)

惣菜コーナーで2割引きの唐揚げとエビフライを買って来て、アブラがまわっていると嫌なので丼にした……というわけではなく、単にエビ(フライの)丼が食べたかったのです。

玉ねぎと三つ葉があったので利用します。健康のためにお砂糖を控えめにしています。ついついお匙に1杯分ほど多めに入れてしまうのです。

みりんとお酒で小細工しているのですが、これも控えめにしています。これは単にケチっただけです(笑)

お酒を料理に入れるときは必ずコップで測りながら、ちびっと飲んだりしながら入れます。

これはホンマに秘密なのですが、素麺の麺つゆをスプーンに少々入れます。この少々加減が難しいのです。多いとバレるし、ソーメンつゆの味がします。薄いと少しだけカツオだしが生きてきますので、微妙な加減がノウハウです。もちろん醤油が基本です。

男の料理の場合は、砂糖を除く三種類の調味料を同量ずつ入れるのが失敗のない方法です。

ここで注目して欲しいのは、卵の固まり具合です。ちゃんと半熟のところを残しているでしょ。(自画自賛)

エビ丼─唐揚げつき

« 父の生命力 | トップページ | 師匠をもつ »

瞬く・増版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エビ(フライの)丼 ─ 唐揚げ入り:

« 父の生命力 | トップページ | 師匠をもつ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト