2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録 (その2) | トップページ | 秋になり淋しい海を独り占め »

2014年10月 1日 (水曜日)

島尾敏雄

身の回りを整理していると
なんだか
死に支度をしているような
気になってくる。

そういう日々を
何日も過ごすと
おかしな覚悟もできる一方で
いざというときに慌てるであろう自分の姿も
見えてくる。

1993年の新聞の切り抜きが
出てきた。

アタッシュケースほどの大きさの
段ボール箱のなかに
切り抜きが
いっぱい詰まっている。

遠藤周作の死亡のニュース記事もある。
神戸の殺人事件を考察した記事もある。
佐原真先生の記事も。
ほかにも、いろいろ。

島尾敏雄の記事だけ残して
過去は棄てることにした。

19931130simaotosio

« 堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録 (その2) | トップページ | 秋になり淋しい海を独り占め »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/60403550

この記事へのトラックバック一覧です: 島尾敏雄:

« 堀川惠子 永山則夫 封印された鑑定記録 (その2) | トップページ | 秋になり淋しい海を独り占め »