フォトギャラリー(令和2)

  • 「ピリ辛ねぎラーメン」スガキヤ(牛焼肉丼とサラダをセット)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 下りの一番列車 | トップページ | 台風11号  ─  立秋篇 »

2014年8月 9日 (土曜日)

1989年夏新大阪駅のホームにて

1989年夏新大阪駅のホームにて

 

こんな列車に乗ることになったのは、あの年も台風がちょうどいまごろにきていて、函館で野宿もせずにホテルに泊まったりしながら、時間を過ごし、そうこうしている間に急に帰りたくなってきたのだった。

 

列車に乗る日は、函館駅の近くでぶらぶらしていた。そう、あのときにTW200に乗って北海道を走り回っていたオンナの子と駅前でお茶をしたのを覚えている。可愛らしい子だったのに名前も聞かず連絡先も交換しなかった。さすがにあとで探しようがなかった。

 

 

というわけで、あのころは好き勝手してバイクで旅ばかりをしていた。それはそれで許されたことだったのだ。

 

ひとつの時代というよりも世紀出会った。

 

社会の流れは大波小波を繰り返すものだが、決して同じではなく、新しい世紀の新しい文化となって歴史を作り出してゆく。

 

 

 

 

« 下りの一番列車 | トップページ | 台風11号  ─  立秋篇 »

バイクと旅と昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1989年夏新大阪駅のホームにて:

« 下りの一番列車 | トップページ | 台風11号  ─  立秋篇 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト