フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 話を聞き始める(2) ─ 母の回想 | トップページ | 今井 むつみ、針生 悦子 言葉をおぼえるしくみ 母語から外国語まで (ちくま学芸文庫) »

2014年5月13日 (火曜日)

もう少し頑張れる 花も嵐もⅢ その73

ひとりで走っている旅先では素朴な人に巡り会えます。旅人でありその村の人です。旅人は、1人の人同志ですぐに話しが弾むようになるし、寒村のじいちゃんであっても人懐っこく話しかけてくれる。

一人旅ってのは、なかなかできないという人もあるようで、羨むように「一人旅かい、いいねえ」とか「勇気あるねえ」と声をかけられることも多かった。

訳を秘めて旅に来てるらしい通りがかりの1人旅の女性に遭遇したこともあります。その子はもしかしたらセンチな旅だったのかもしれないけど、一生懸命にニコニコと話そうとして、何かいい思い出を作るのに役立てればいいなあと思ったのでした。

そうやって、人に言えない旅もあるし、見ず知らずの私に話してスッキリする旅もある。

篝火を焚いてキャンプ場で1人の夜を過ごし、心を曝け出して喋る人もあれば、堪えている人もありました。寂しがっているというわけでもなさそうで、旅人同志が賑やかにやっている前にいながらも孤独を噛み締めて、明日の行く道の右左を考えているのだろうと感じました。

旅に来れば1人です。

誰も頼れないし相談もできない。自分を虐待しているわけではないにしろ、少し判断を迫るような窮地に追いやってしまうことで、自分に判断力と決断力が出てくるのではないでしょうか。新しい道が見えてくるその瞬間がなかなかの快感なのかもしれません。

逃避と言ってみるもののそんなに甘くない。力を試しに来ているに他ならない。そして多くのみんなが、「まだいける、もう少し頑張れる」と思って帰ってゆく。

« 話を聞き始める(2) ─ 母の回想 | トップページ | 今井 むつみ、針生 悦子 言葉をおぼえるしくみ 母語から外国語まで (ちくま学芸文庫) »

【花も嵐もIII】終楽章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう少し頑張れる 花も嵐もⅢ その73:

« 話を聞き始める(2) ─ 母の回想 | トップページ | 今井 むつみ、針生 悦子 言葉をおぼえるしくみ 母語から外国語まで (ちくま学芸文庫) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト