2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 桜餅 | トップページ | 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 »

2014年4月 8日 (火曜日)

ないしょの話

春の花が散ってしまって
また新しい花が
風に揺られている。

わたしは
ないしょの話ができる人を
探してたのかもしれない。

数々の失望と大きな希望を抱きかかえて
それがばくんばくんと音をたてるほどに激しく鼓動をしているのを
我慢できなくなってくると

ほら、
ないしょの話だといって耳に口を近づける。

あなたは
頬にキスされてもいいほどの距離に
耳を近づけて

うんうんとこたえる準備をした細い涼しい目でわたしを見る。

惑わしながら、ふるえる視線。
ないしょの話は、始まる前からドキドキで
わたしの影は真っ赤になっている。

◎○
○◎

自分がドンドンとつまらなくなってくるような気がしていた。

それは、言ってみればわたしの中から「ときめき」が失せていっているということではないかと考え続けている。

季語だって同じで、俳句を愉しもうとそういう人たちの流れのなかに身を投じてみるものの、お遊戯会のように季語をテーマに詠んでいるだけじゃ、どこかに不満を持ち続けている。

わたしは、スリリングでドラスティックな展開を望み過ぎているのだろうか。

ぼんやりと田舎道を車で走っている時には止め処なく演歌のような歌詞や音楽が出任せに浮かんでくる。 でもやがて目的地に到着すればカラリと忘れてしまう。わたしの頭のなかはどうなっているのだろうか。

ないしょの話をしようと思ったのはいいけれど、惹きつけるパワーにちょっと自信をなくしかけているかも。

« 桜餅 | トップページ | 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 »

【イマージュ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/59440185

この記事へのトラックバック一覧です: ないしょの話:

« 桜餅 | トップページ | 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 »