2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 | トップページ | たけのこ »

2014年4月25日 (金曜日)

咎めるのは誰の役目か

世の中が自分を中心にして見渡せるように(ツイッターも)なってきていますから、使いながら世間のみんなはこんなふうに社会を見ているのだなと感じます。

ある1人の人のつぶやきにむけて私は上記のようなことをリプライした。ツイッターのアプリケーションがその人にとって使いづらいものに微小変更されていたことで悪さを嘆くつぶやきであった。(7月26日

ネットワークが繋がることで見かけ上はフラットに社会が連結できるようになり、情報はリアルタイムで流れ込む。また、発信できる快適なインフラのうえで便利になったように見えたのであるが、そんななかで、しかしながら、自分の存在を相当に強い力でアピールする必要性が出てきた。

テレビ・メディアは公共放送でさえ自社の番組を宣伝することに余念がなく、全く独立した他の番組の時間枠を食いつぶしてまで視聴率という数字を獲得するために「番宣」をする。このことを悪だと決めてかかってはいけないものの、番組愛好者には無関係の番組情報は甚だ迷惑であり、ましてお金を払っているならば返品して欲しいほど無駄なことも多い。(ここでテレビを切るかチャンネルを変更するのでその後のことはわからない)

新しいものをPRするという時代に変わっているのである。ホームページであっても、ほんの数年ほど昔の時代は、自らのPRにさほど熱心ではなくせいぜい検索にヒットしてくれればあとは口コミで(または噂で)広まってくれて上々な評判を得てゆくというスローな進行であった。しかし、今の時代のスタイルとしては、構成を時系列的にして、ブログ形式で発信をするものが増えたこともあって、それらで提供する情報群の価値には新しさという尺度が前面に出て、古いタイムスタンプが付いた情報は検索でヒットさせて活用するものではなくなり、必然的に保管さえもされなくなりつつある。サムネイルや検索用テーブルなどが幽霊のように網の隙間に残り、情報が散らばった仮想空間はゴミだらけで無秩序状態になっている。

このことにも善悪などはない。そこまで口出しができないのがほんとうのところだろう。新しいことは良いことで、クイックにアクションを起こし、生きた情報を活用して次のステップに役立ててゆく。誰に聞いてもそう考える「時代」であろう。

さらに、これらの情報化された社会システムや秩序がもたらしたことで、言い逃してはならないことがある。それは、これらの情報を活用している一般人の質の低下だ。月並みなことばで言えば、アホもカシコも、当てにならん情報や食いつきやすい情報、マスコミ(とくに話題性を拾って流し続けるニュースやツイッターに似たような低レベル報道)に翻弄されて、情報をたっぷりと纏い強靭に武装し、ネットやSNSに群がっては自分の意見を主張する。アホであろうとカシコであろうと同じように意見を述べるのは良いとしても、分別を付ける能力を持たないジャンルの群衆がネット上をでたらめな思想やイデオロギーで暴走を始めるのが怖い。カネになる話題であれば報道までもが食いついているから、呆れてモノが言えない。

安倍総理や一部の政治人がどのような不安や不満を与えようが、それは国民が願ったことであり(私は投票をしていないが)、願われた人々であり、然るべき方々なので、お任せする覚悟(諦め)はしたのだが、それ以前に得体のしれない烏合の意見が結集してメディアと交じり合い金儲けをする集合とも絡み合い困った方向に迷走して行くとなると、一体この世の中を咎めるのは誰の役目なのだろうか。

自分は黙っているべき人間なのだということをわきまえて欲しい、と思う。その一方で私自身の言い分でさえスレスレの発言であるとも思う。

たこ

« 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 | トップページ | たけのこ »

【随想帖 II】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/59538325

この記事へのトラックバック一覧です: 咎めるのは誰の役目か:

« 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 | トップページ | たけのこ »