令和元年

  • 麦畑(25日朝)
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« くつろぎ | トップページ | 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 »

2014年4月20日 (日曜日)

「愛してる」を考えてみる ─ 穀雨篇

「愛してる」を考えてみる。

永年思い続けている事実がひとつある。それは、人が人を「愛している」とき、必ずそこに温度差がある、ということだ。

動詞は、「愛している」だけではなく、ほとんどが当てはまる。

愛している、憎んでいる、疑っている、信頼している、求めている、嫌っている、など。

私はある人を愛していた。
しかし、その人は、私と同じ温度で私を愛したわけではなかった。

好きだった。
でも、その人は、私のことを好きではなかった。

私が好きではなかった人もあったが、私以上にその人は私のことが好きだった。

憎んだ人もあった。殺してしまってもいいとさえ思った人もあった。
しかし、相手は私を憎んだわけでもなければ、殺そうとも思わなかった。

友情だって同じだ。
温度差があるのだ。

そんなもんだ、で済ませればいいのだろうが、割り切れないものもある。

人生の終焉が見えて始めてからこの温度差のことが非常に気に掛かるようになってきた。

許せない人がある。
でも、その人は私を許している。
当然、その逆の人もいる。

物理学で仕事をしてきた人生だった。
⊿T を追求してきた。

dT/dt という変化率。
私のエネルギーなのだと思うことにして、しばらく生きながら考えたい。

(写真は、全く関係なし。伊勢うどん)

« くつろぎ | トップページ | 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「愛してる」を考えてみる ─ 穀雨篇:

« くつろぎ | トップページ | 神去村(旧美杉村)のこと ─ 春土用篇 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31