« 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 | トップページ | 髪を地に置く »

2014年4月10日 (木曜日)

北へと向かう  花も嵐もⅢ その70

バイクに乗れるということは、それなりに豊かだということだと前回に書いた。自分への恵みに感謝をするようになればわかってくる。その豊かさに感謝をしながら、貴重な資金と限られた時間を無駄にしないように、高速道路を使わず時間と勝負をしながら走り、その旅の過程もきちんと刻み楽しみながら旅をしてきた。

何もかもがおよそ完成して提供され、完成品に惜しまずに資金を投入する時代が来て、時間を買うことにも惜しまず満足を勝ち取っていく現代の手段に、別に怒っているわけでも否定をしているわけでもないのだが、モヤッとした疑問や反発を感じている。

バイクが大型化され、高速道路がETC化されてしまって、旅というものが商品化されていった。それが新しいバイクツーリストまで届いけられてきたときに、もはや、私の時代ではないと感じた。地図も姿を変えバイク雑誌の記事も変わっていった。そういうツールや動機で旅を続けようと私は思わなかったことを何度も書いてきた。何度も書いたのはそれがやはり悲しかったからだと今に思うのだけれど、だからこそ、バイクで旅をすることを一旦そこに留めて、離れることを決めたのだ。

北へとひたすら向かったときは、旅に飢えていた時代だった。ひとり旅という自分で選んできた設定のなかでとことん自分をどこかに追い込んでいこうとする無意識に近い思いがあった。決して屈折するものでもなく、しかしながら、美しいものでもなかったが、私の描いたひとつの夢の物語をあのころは追いかけることができたのだろう。

何かを得たわけではない。しかし、「鶴さん」や「ひろちゃん」に表れている私の夢がどこかにあって、私は北を目指したのだった。峠を越えるというある意味では無機質なような旅の一面に、私はときめきを与えて噛みしめていた。

私は未熟だった。だからこそ、そういうある種の馬鹿げた行動をいつまでも続けることができたのだろう。今が未熟ではないとは思わないが、厚かましくなって生きてゆけるし、社会を斜めに見ることもできるようになった。人生の情熱も冷めてしまった。決して後退ではなく、別のステージに来ていると思っているが、そのことに後悔はないし、後ろめたさもない。

あの時のように、幾つもの峠をあみだくじのように越えながら北を目指した私が昔いた事実の記録は残しておこうと考えている。今でもあのときの私みたいな若者や青年がいるのだろうかと思うことがある。もしかしたら、あんな馬鹿げた連中は今や化石になってしまっているとしたら、それが一番寂しいことかもしれないが、ひとつの歴史的足跡として生きている間だけでも残そうと思うのだ。

北には私を迎えてくれる感動があった。大きな得体のしれないものがドカンと存在し、食らいついても一向に齧り崩せないものだった。未知であったから良かったし、未知のままで克服できないまま、そして私も未熟なままドラマは終わっていった。いかにも私らしい一幕であったのかもしれない。

こんなことを書きながらも、実は、北に向かうことは諦めてはいない。チャンスは来るのだろうか、と思うものの、次のステージではもっと楽しみたい。

« 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 | トップページ | 髪を地に置く »

【花も嵐もIII】終楽章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/59494186

この記事へのトラックバック一覧です: 北へと向かう  花も嵐もⅢ その70:

« 桜咲く、桜散る。あっという間に   ─  清明篇 | トップページ | 髪を地に置く »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ