フォトギャラリー(令和2)

  •  なすびの煮浸し(十日)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 猫の日のカレンダー | トップページ | 父という人は、怒らない、怒鳴らない…… »

2014年2月23日 (日曜日)

信州ゴールデンループの「井川雨畑林道」  花も嵐もⅢ その68

2002年9月21日から22日に南アルプスを右回りに走った。

この年には天竜川沿いの山中でパティオのオフ会をやった。

明くる日に黒河内林道を走り抜けて、甲州街道を経て奈良田を通り、タイトルに挙げた井川雨畑林道を越えて浜松方面へ来ている。

その時の日記があるので、再び読んでみた。なんと2003年にも行っていたので、けっこう忘れてしまっているものなのだなと驚いた。

あのころはどんなに険しい山でも越えられるとわかっていれば怯えずに地図を頼りに走った。

道端に庚申さんの地蔵が並んでいれば、立ち止まって簡単にお参りの真似事をしてみたり、人里離れた一軒家を見かけたらストレートに感動したりしていた。(2002年の日記)(2003年の日記)

井川雨畑林道は、ほんとうはもっともっと、そして何度も何度も行きたい林道だろう。

ほんとうに峠を超えることを楽しみにし、流離うことを愉しみにするツーリストたちが、染み染みとその味を振り返ることのできる峠である。

井川雨畑の林道の麓の村、または夜叉神を越えた麓の村奈良田温泉がある。この温泉がとてもゆるい。「ゆるい」∋「ぬるい」でもある。 いつまで入っていても出たくならない温泉なのだ。

こんなことを書きながら、そういう峠が幾つも次々と私の頭のなかに蘇ってきている。

« 猫の日のカレンダー | トップページ | 父という人は、怒らない、怒鳴らない…… »

【花も嵐もIII】終楽章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 猫の日のカレンダー | トップページ | 父という人は、怒らない、怒鳴らない…… »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト